【落車骨折】自転車に乗ってもよし!ドクターストップが解除になりました!

はじめに

最近のネタったらもう「落車骨折」しかなくて、
しばらく骨折芸人として、ちまちまやっておりました。
なんのネタもございません。

骨折の詳しい話は下記をご参照くださいまし。

そんなこんなで、
特になんのおもしろい事件も起きないまま、
この度、無事に「ドクターストップ解除」になりました!
ありがとう。

「自転車に乗っても良し!」

この一言を待ちわびておりました。
「制限無く使っても良いです」という言い回しでしたが、
やっとこさ自転車に乗れる!

 

まだ痛む左腕…

ドクターストップが解けたからと言え、
「完治」したわけではなくて、
まだ自転車のポジションを取ると違和感満載です。

でも骨的には大丈夫ということで、
後は筋力などの問題になるのでしょう。
日々リハビリの成果も出ているので、
徐々に良くなると思ってます。

とりあえず自転車に乗らないとね。

DSC02004
↑落車直後、病院にて

 

自転車の回復について

さて。
先日のエントリで詳しく書いていましたが、
しばらく自転車に乗れない間に、
なぜか、その自転車がグレードアップしました。

「乗ってもいない自転車をイジる。」

この背徳感がたまらんですね。
詳しくは下記を見ていただくのが早いんですが、
今回、ロードバイクの"eTap化"を実現。
やったった。

 

落車のダメージは?

今回この自転車へのダメージについては、
ほとんど触れていませんでした。

カーボンフレームは局所的なダメージに弱く、
一度の落車でお釈迦になることもあるでしょう。

しかし、今回の僕の場合は、
「ほとんどダメージがなかった!」
という不幸中の幸いの状態でした。

本来、こういう傷なんかについては、
「"素人判断"はしないほうが良い」とは思いますが、
それでも「大丈夫!」と言えるくらい、
ほとんどダメージがなかったんです。

DSC01999
↑落車直後の写真

まぁその分、身体でかばったとも言えますが…

落車の際、左半身から落ちて、
自転車は身体の上、でした。

DSC02000
↑ステム/フロントフォークの角度が変わっちゃった。

ドロップハンドルの先っちょに傷があったので、
バーテープを剥がして見てみましたが、
薄い薄い傷が入っているだけでした。
良かった。

DSC02077

ホイールもフレが出ることもなく「不幸中の幸い」
なんという便利な日本語だろうか。

というわけで、
自転車はいつでも走れるように準備してます。
早く外を走りたいな・・・

DSC02114

 

おわりに

「自転車に乗って、少し遠くへ行きたい。」

今はこれだけで十分。
もちろん自転車に乗るモチベーションはあるけど、
「早く走りたい」とか「ロングライドしたい」なんていうのは、
自転車に乗ってから思い出すんだろうなぁと思ってます。

自分にとって大きな趣味だと思っていた自転車。

「本当にお前はぼくの生活を豊かにしているのか?」

そういうことを考えてしまったこの何日間か。
久しぶりに自転車の乗った時に、
全て払拭してくれるのを楽しみにしています。

DSC01970
↑因縁の淡路島にて

クロモリに乗ってフラフラ走っていた、
あの頃の気持ちで今のカーボンバイクを駆りたい。
そんな気持ちでございます。

ということで、
またボチボチ走る機会も出てきますので、
皆さん、よろしくお願いしまーす!

 

スポンサーリンク

4 Responses

  1. Tommy より:

    順調に快復されているようで、良かったです。 ^^

    • だるま より:

      ありがとうございます!
      しばらくは様子見ですが、桜にも間に合って嬉しい限りですw

  2. わーし より:

    勇気を出して初めてコメントします。
    無事に快方に向かわれている様でなによりです!

    私の様なへなちょこライダーには到底走れない、読んでてワクワクする大冒険の様な記事がまたアップされ始める日を心待ちにしていますので、焦らずキッチリ治して下さいね( ´ ▽ ` )

    • だるま より:

      コメントありがとうございます!

      いえいえ、大冒険なんて恐れ多いです・・・
      ぼくのはただの徘徊ですw

      またロングライドできるように、がんばって回復させます!
      ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です