Chicago Live in Japan’72 CD再発

きましたね、CHICAGOの新譜発売!
いや、今回は新譜というより再発!
もとい、初CD化!

[Disc 1]
1.Dialogue, Pt.I & II
2.A Hit By Varese
3.Lowdown
4.State Of The Union
5.Saturday In The Park
6.Make Me Smile
7.So Much To Say, So Much To Give
8.Anxiety’s Moment
9.West Virginia Fantasies
10.Colour My World
11.To Be Free
12.Now More Than Ever
13.Beginnings
14.Mississippi Delta City Blues

[Disc 2]
1.A Song For Richard And His Friends
2.Does Anybody Really Know What Time It Is?(Free Form Intro)
3.Does Anybody Really Know What Time It Is?
4.Questions 67 and 68
5.25 or 6 to 4
6.I’m A Man
7.Free

[Chicago(1972)]
Terry Kath(G.Vo.)
Peter Cetera (B.Vo.)
Robert Lamm (Key.Vo.)
Lee Loughnane (Tp.Perc.Vo.)
James Pankow (Tb.Perc.Vo.)
Walter Parazaider (Sax.Fl.Perc.Vo.)
Daniel Seraphine (Ds.)

録音日:1972年6月10,11,14日
録音会場:大阪フェスティヴァル・ホール

前回、75年のライブ音源がリリースされましたが、
それは発掘音源でした。

かなり内容も濃くて素晴らしい内容だったんですが、
今回はまた違うんですね~。

“Chicago Live in Japan”というアルバムは、
“Chicago V”の次作、72年にリリースされたライブ盤で、
当初、かなりの反響があった名作ライブアルバムだったのに、
なぜかほどなくして廃盤。
ついにCD化もされずに、なぜか封印されていたアルバムなのですね。

当時のライブアルバムで有名なのは
71年の”Chicago at Carnegie Hall”。

こちらも素晴らしいライブ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です