ハンドル周りをスッキリさせる!多規格マウント対応「BARFLY Road 4 Mini」を購入!

はじめに

自転車にハマると増えていくアクセサリー類。
気がつけばサイクルコンピューターを着けたり、
ライトを2灯も着けてみたりして、
ハンドルの周りはゴッチャゴチャになってたりします。

走る距離が増えてくると、
着けるものと情けが増えていくのが人情。

ぼくもロングライドのときは、
GARMIN edgeを筆頭に、GPSのeTrex、
ライトもVOLT1600と中華ライトの2灯体制…
という具合で、色々装備して走ります。

dsc01677

さて。
先日ハンドルを換えたのを機に、
「アクセサリーのマウントも見直そう!」という、
良く分からないことに奮起をしてしまいました。

今回新しいマウントを購入したので、
少しここでご紹介します。

 

台頭するマウントたち

Garmin edgeにも純正マウントとして付属する
「アウトフロントマウント」

(写真の上、ゴムで止めないほうのヤツです↓)

P6100009

GARMINをはじめとするサイコンは、
どうしても乗りながら"チラ見"する性質から、
"より見やすい"この方法が最近の主流かと思います。

最近ではこれにライトやGOPROを付けたりして、
よりスマートにアクセサリをマウントできるような
便利アイテムが続々と登場しています。

一番有名なところだと、「REC-MOUNTS」
様々な種類に対応したマウントを、
組み合わせて使用することができます。
自分の環境に合わせて、
オリジナルマウントを構築できるのです。
スゴイ。(でもよいお値段します)

ただGarminを付けるだけなら、
純正のアウトフロントマウントでも十分。

本格的なものだと「K-Edge」とかもありますが、
各社から色んな種類、価格帯のものが出ています。

当然、ぼくも今回REC-MOUNTSを買って、
盤石の体制を築く!
・・・はずでした。

それなのにショップで衝動買いです。
「おもしろそう!」という好奇心に駆られ、
別のものを買ってしまったのです。

 

「Barfly」のマウントを購入!

アウトフロントマウントが出始めの頃、
よくその名前を見た「Barfly」のマウント。

今回買ったのは、
そのBarflyシリーズのものでした。

BARFLY 4 Mini (Road type)

DSC06437

BARFLYのアウトフロントマウント。
上下に2つのものがマウントできるタイプです。
"mini"というのは、せり出す長さが短めと言うこと。
これ要注意ポイントですね。

パッケージでは分かりにくいんですが、
この商品、なかなかスゴイんです。

めっちゃ色々対応してやがる!

下のマウントだけでも3種類対応しています。
GoProやDi2のジャンクション、
筒型ライトにも対応しているんです。

DSC06439

いやいや、まだ驚くことなかれ。
なんと「上のマウントも変えられる」んです。
この意味が分からなくて、
店頭で15分くらいパッケージ眺めてました…

マウント受け口が取り換えられるので、
自分の環境に合った組み合わせで、
運用できるということですね。

そしてこれが全部付属している!

というのが驚きだったのです。
これ何種類か、全部付属してまんねん。

DSC06438

流石に分かりにくいので、
オフィシャルの商品情報を見て見ましょう。

The Bar Fly 4 Mini is an “out-front” mount made specifically for smaller cycling computers. Modular system mounts the following computers and accessories – Garmin, Polar, Cateye, Powertap, Bryton. GoPro, Di2/EPS junction Box and most lights. Compatible with 31.8mm and 35.0mm handlebars.

Includes ALL the following in Box:

  • Computer heads (see below for complete list)
  • GoPro/Finned mount
  • Di2/EPS mount
  • Light mount

Computer compatibility:

  • Garmin Edge Series 200, 500, 510, 520
  • Watches 910XT, 920XT
  • Polar M450
  • Bryton 21, 40, 100, 200, 210, 310
  • Cateye

barflybike.com

Garminをはじめ、CateyeやBrytonに対応。
あれ?意外と使い道少ない??
日本ではパイオニアとGarminの二刀流が多いので、
パイオニアにも対応してほしかったなぁ・・・

それにしても面白いですね。
あまりの面白さに衝動買いですよ。
早速、家に帰って中身をぶちまけてやりました。

 

商品開封の儀!

中身を見て見ないことには・・・
ということで早速開けてみました。

前述していますが、
マウント自体は短めの"mini"のタイプ。
デフォルトではGARMINマウントが付いてました。
(下部マウントにがGOPRO用を取り付け↓)

DSC06443

付属している交換用マウントはこんな感じ。
GARMIN以外のマウントって、
あまり対応のものも多くないと思うので、
こういう仕様はありがたいですね。
(ぼくはガーミンオンリーやねんけど。)

DSC06442

僕はGARMINでの運用なので、
普通に買ったままの状態で使うことになります。
早速、ハンドルに取り付けてみました。

「mini」というだけあり、
かなりハンドルに近めに来ますね。
edge1000とかeTrexは付かないだろうな・・・

edge520だと下のボタンは問題なく押せるので、
使用上はなんの問題もなかったです。

DSC06445

下のマウントは、この3つ。
左がGOPROマウントで、これがデフォルトになります。
真ん中のやつが「Di2ジャンクション用」
右側が「筒型ライト用」のマウントです。

DSC06441

取り付けは、説明書に図解が分かりやすい?

DSC06440

筒型ライトとジャンクションのマウントは、
ゴムを使って固定するタイプです。

着けられるライトはゴムの長さ次第なので、
VOLT1600のような大型ライトは固定不可。
GENTOSのようなライトに向いてそうですね。

手持ちの中華ライトで試してみましたが、
なかなかええ感じに付けられました。

DSC06523

意外としっかりと固定されます。

DSC06524

筒型ライトも良いんやけど、
私はVOLT1600で使いたいので、
考えた末に、"アレ"を導入することにしました。

 

REC-MOUNTS「GP-CATHL2」購入!

購入した時から薄々気づいていましたが、
このマウントだけではVOLT1600の運用は厳しいので、
新しくマウントパーツを買い足しました。

レックマウントの「GP-CATHL2」です。

DSC06446

キャットアイのパーツと組み合わせて、
「GOPROマウントで運用できるようにする。」
という画期的なアイテムなのです。

ちなみにこのパーツですが、

「レックマウント以外での使用は不可」

とされています。
今回のような「BARFLYとの組み合わせは非推奨」
なので、同じように使われる際はご注意を…

DSC06447

まぁそんなことは気にせず。

これにキャットアイ純正マウントの、
上の部分だけを取り外して付け換えます。

その部分はプラスドライバーで外れるので、
簡単に着脱できてしまうのです。

DSC06444

組み合わせたら、こんな感じになります。
これでキャットアイのライトが付けられる!

DSC06448

早速、ライトを取り付けてみました!
なかなかスマートじゃないですか。

DSC06449

 

実際に使ってみました

先日、早速この装備で走ってきました。

前からアウトフロントマウントを使っているので、
その便利さは変わらず感じることなんですが、
ライトが下に装着されることで、
かなりハンドル周りがスッキリしました。

DSC06452

下部マウントの基礎はGOPROマウントなので、
ライトの上下角度調整は、
アーレンキーさえあれば簡単にできますね。

これから装備が増えるロングライドの際は・・・
eTrexはステムに付けて運用、
サブライトはハンドルに直接つける、
という感じでいこうと考えています。

基本はこの装備、
Edge+ライト(VOLT or 中華ライト)なので、
このマウントでスッキリと収まりそうです。
良かった良かった。

DSC06456

 

問題は耐久性!?

片持ち(ハンドルとの固定が一か所)のマウントなのに
下にVOLT1600を装着しているということで、
マウントの耐久性は少し心配です。

こないだのライドでは、
多少荒れた道も走りましたが、
その時は特に問題はなかったので、
このまま長持ちしてくれるのを祈るのみ…。

後、レックマウントの「GP-CATHL2」
"BARFLYとの互換性"も心配してましたが、
特に固定が揺らぐようなこともなく、
しっかり締め上げていれば問題なかったので、
こちらについては安心しました。

ということで、

「そんなに心配して使うなら、
大人しくレックマウント買っとけよ!」

と言う声が聞こえてくるようですが…
マニアックなやつを使ってみたかったんです。
誰かの何かの参考になれば光栄至極です。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です