大阪市内~有馬街道経由で淡路島へ!雨に泣いた「アワイチ」225kmライド!

はじめに

先週の土曜日。
twitter繋がりで5人ほど集まって、
生石高原へロングライドをする予定でしたが、
諸事情で延期になってしまいました…。

せっかくの週末に時間をもらっていたので、
急遽、別の"代替ライド案"を立て、
「淡路島一周(アワイチ)」をすることになりました。
元々のロングライド企画のメンバーでもあった
ロゼさん、あまえびさん、だるまの3人で、
半年以上ぶりの淡路島へ行ってきました!

頭がロングライドになっていたので、
片道(往路)は自走することにしたんですが、
最短距離?の2号線ルートはおもしろくないので、
今回は生瀬の辺りから有馬街道を抜ける道のりで、
明石まで行くことにしました。

ちなみに前回のアワイチは猛烈な風で、
ケチョンケチョンにされてしまったのは良い思い出。
これ以上過酷なアワイチはもうないでしょう。

休憩中悶絶の向かい風!片道自走でアワイチをして200km走ってみました。
はじめに 昨年末くらいに 「daiconさんのアワイチグルメライド行きたいです!」 と、直談判をして念願のアワイチ開催が決定。 daicon氏主催の元、 チームメンバーやそ...

しかし。
ある意味では、この時よりも過酷で、
追い詰められたアワイチになろうとは、
スタート前には思いもしなかったわけで・・・。

 

自走で明石まで

ここ数日、体調が思わしくなかったので、
起きたときの体調次第でDNSも考えていましたが、
いざ起きてみると意外と大丈夫そうだったので、
いそいそと準備をして家を3時前に出発。

dsc01258

 

思いがけない出来事!?

あまえびさんとは、城北公園で待ち合わせ。
少し早く着いたので、ボーっとしてました。

dsc01260

公園の入口で待っていると、
通りすがりのローディから「こんにちは!」と、
声をかけられました。

その思いがけない突然の挨拶に、
無愛想な感じで挨拶を返してしまって、
「ああ、ちゃんと対応できなかったなぁ」
と思いながら、
"こんな時間(3時)に走ってる同志"に
シンパシーを感じて挨拶してくれたんだ。
稀有な人もいるもんだなぁ。
と、颯爽と走り去る背中を見送る僕。

・・・あれ!?

なんか後ろ姿に見覚えがあるような気がする。
暗くて顔は分からなかったけど、
なんか声も聞いたことがあったような…
あー!もしかして!?

なんと!
こないだ「22時からのヒルクライム」で、
ご一緒してくれたKUZUBAKOさんだった!
愛想なしで挨拶してしまって、申し訳ない~。

紛れもなく、
この出来事が今回のアワイチのハイライトでした!


そのすぐ後にあまえびさんも合流して、
二人そろって川西方面へ走ります。

dsc01261

dsc01262

最近の深夜ルート(内環~豊津~R176)で川西へ。
4時に駅前のコンビニでロゼさんと合流しました。

dsc04845

今日は体調が不安です。
という、ぼくの話を聞いてくれたロゼ監督は、
いつも通りに鬼牽きをしてくれて、
無事にヘトヘトになりました。
あーそのやさしさに涙が出てくる・・・。

生瀬の辺りから有馬街道を走りますが、
わー、真っ暗じゃないか。

dsc01263

「蓬莱峡」を越えて、船坂へ。
久しぶりに走った道でしたが、
暗すぎてなんにも分からなかったよ…。
標高も上がってきて、走っていないと肌寒いです。

dsc01264

そのまま夜中の有馬温泉を通り抜けていきます。
しばらくアップダウンが続く道のりです。

dsc01265

夜の有馬温泉なり。

dsc01266

有馬を抜けて神戸方面へと向かいます。

dsc01267

夜も明けてきた頃、
ようやく道路標識に明石の文字を発見。
ここからはR52で明石まで南下していきます。
もうすぐだ!

dsc01268

下り基調の道を走るので、後半は楽チンです。
明石駅までもうすぐ!
もうすっかり朝です。

dsc01269

そしてついに、ジャノバラインの乗り場へ!
もうこれで終わっても良いくらいの達成感でした。
家から75kmほどの道のりでした。
お疲れ様でした~。

dsc01270

ここで帰ろうか本気で悩みましたが、
そんなことが許されるはずもなく、乗船。

7時の便に乗り、淡路島は「岩屋港」へ向かいます。
船は旧型でした~残念。

dsc01271

そして岩屋港へ到着!

dsc04876

川西からノンストップで走ってきたので、
スタート早々にコンビニで朝食タイムになりました。

dsc01272

いよいよ、ぼくらのアワイチがスタートする!

 

洲本まではモーレツに

明石までほとんど前を牽いてくれいたロゼさんに、
引き続き先頭を任せます。

dsc01273

あいにくの曇り空でしたが、
風も強くない絶好のアワイチ日和!
順調に海岸線を走ります。

dsc01274

近づく巨大仏。
淡路島へ来る度に、その廃墟感が増す…

dsc01275

朝の海岸線はめちゃくちゃ気持ちが良い。
アワイチの出だしに、いつも感じるこの感覚。
ここを自転車で走れるってことだけで、もう嬉しいのです。

dsc01277

dsc01278

前を牽くロゼ監督は今日も健脚。
猛烈に走る後ろへ着くのが精いっぱい。
牽きずられまくって洲本へ到着。

dsc01279

dsc01280

洲本温泉を抜けてコンビニで休憩にしました。
まだ体調に不安があったので、
ここいらで必殺技の「シュンケル」を決め込みます。
ふふふ、効果があったのかは神のみそしる…

dsc01282

 

水仙峡を越えて福良へ!

洲本の温泉街を抜けて、
引き続き海岸線を南下していきます。

dsc01283

しばらく走っていると、最初の難所「水仙峡」へ。
「水仙峡の登りは意外と距離が短い!」
という話をあまえびさんから聞いていたので、
そうだったかなぁとか思いつつ登坂開始。

dsc01284

dsc01285

確かにイメージよりもずっと短い距離でした。
初めてのアワイチでの記憶が刷り込まれているのかなぁ。
定番スポット、「ナゾのパラダイス」で記念写真をば。

dsc01286

そのままウネウネっとした道を走って、
ようやく淡路島の南側へ出てきました。
またしばらく平坦が続きます。

dsc01288

少し向かい風でしたが、
それほど強い風でもなく、なんとも走りやすい気候。
久しぶりのアワイチ、めちゃくちゃ順調だ!

dsc01290

遠くに「沼島」を見ながら、
海岸線をひたすら走って行きます。

dsc04911

灘の登りを前にして、
途中の自販機でまたまた休憩です。
自走で淡路島に来ると、この辺でもう疲れちゃう…。

dsc01291

疲れてこんなんなりました。

img_20161024_081302

平地に飽きてきた頃に登り坂が出現。
淡路島のやさしくて怖いところが、
この忘れた頃に現れるアップダウンだ…。
登る度に絶景が見られるので文句はないです。

dsc01294

難所、灘の登りを越えた後は、
「ホテルニューアワジ」の風力発電を経由するために、
再び登る道を走ります。

この辺りでパラパラと雨が降り出しました。
しかし案ずることはない。
「今日の降水確率は0%」だったのだから。
こんなものはすぐに止むに決まってる。

dsc04924

そして風力発電へ到着。
前に来たときは羽がビュンビュン回っていたのに、
今回はめちゃくちゃ穏やかに、
ゆーっくりと回っていました。

風の穏やかなアワイチは最高だよ。

dsc01297

まだパラパラと雨が降っていたので、
あまり長居はせず、そのまま福良へ向かいます。

そして福良の「鼓亭」で昼食にしました。
 

dsc01299

さて。
「一応、雨雲レーダーの動きを見ておきましょう」と、
あまえび兄さんが、現状を確認してくれました。
にわか雨なら止むまで待てば良いんです。

しかしこの後、
あまえび兄さんから信じられない言葉が…

今から淡路島全島ずっと雨みたいですわ!

なんと!
ゴールから一番遠い福良で、
絶望的な情報に顔面蒼白の3人なのでした。
こ、降水確率0%ってなんやってん・・・!

 

雨のアワイチに

お店を出てみると、雨脚はさらに強まっており、
今から始まる雨中行脚を考えると、
憂鬱ですらあります・・・

体が冷えるからウインドブレーカーを着用。
持ってきていて良かった。

さて、覚悟を決めて走り出します。

dsc01300

カメラが濡れるのを嫌って、
写真はほとんど撮りませんでした。

水しぶきがきつく、トレインは組めないので、
若干ラインをずらし距離を開けて走ります。

登り坂は良いけど、ダウンヒルが怖い。
特にマンホールは要注意です。
安全運転第一。

3人とも雨の中を走るのに慣れてないのもあり、
走っているだけで、かなり消耗してしまいます。
途中、軒下で雨宿りをしながら、
今後の予定を話し合いました。

dsc01302

おそらく止むことのない雨なので、
一気に走り抜けてさっさと帰るのが得策。
作戦を「ガンガンいこうぜ!」に切り替えて、
ひたすらに雨の海岸線を走りました。

ここからは、本当にただ走っているだけ。
上からか下からか分からないけど、
飛んでくる水しぶきに耐えて走る。

必死で走っていると、
ようやく明石海峡大橋が見えてきた!

dsc04937

もうこの辺りは、ウギャーって感じでした。

dsc04939

二人にちぎられながらも、
なんとか無事に岩屋港へ到着。

dsc04944

指ぬきグローブの効果は絶大で、
指がふやけてシワシワになりました。
ありがとう。

dsc01303

そしてジェノバライン乗船。
帰りは新しい船でございました。

dsc04947

明石駅では、100均でタオルを買って、
自転車をある程度拭いてから輪行作業へ。

ニューフレーム初めての輪行になりましたが、
まさかの雨の輪行になろうとは・・・。

dsc01304

着替えなども持ってきていなかったので、
最後は急ぎ足で帰ることになりましたが、
おかげで風邪をひきました。

助走を含めて、ほぼ全区間において、
ロゼ監督に牽引していただきました。
本当にお世話になりました。
なんとか帰れたのもあなたのおかげ。

次は是非とも晴れた日に、
"純粋にアワイチだけ"やりたいなぁ。
ぜひ、年内にもう一度!

 

おわりに

初めて有馬街道で明石まで走りましたが、
アップダウンもそれほどキツくはなく、
適度に色々と景色も変わる道のりなので、
2号線なんかよりも、楽しく走れるルートだと思いました。
(夜中に走る限り・・・ですが。)

ちなみに、往路はkazu.jumpさん(@kazu_jump)が、
走ってたルートを参考にさせてもらいました。
ありがとうございます。

ただアワイチは自走で行くものではないですね。
次からは絶対に輪行で行こう。

最後の岩屋手前で、
Garmin Edge520が急に再起動してしまって、
走行データは生きていたものの、
GPSは飛んでしまいました。
幸いeTrex30xでGPSデータは残っているので、
それほど支障はなかったものの、
急に再起動するというedgeの挙動には不安を覚えました。
故障してなければ良いんやけどなぁ・・・

最後になりましたが、
ロゼ監督、あまえび兄さん、お二人には改めて感謝を。
写真もいくつか使用させてもらいました。
サンクス!

 

今回の軌跡

距離:225.97 km
平均速度:25.2 kph
カロリー:4,161 C
時間:8:58:31
高度上昇:1,992 m
平均気温:9.4 °C

スポンサーリンク

8 Responses

  1. rose より:

    ぉ疲れっした~。今度は快晴の日にいきたいです~♪

    • だるま より:

      お疲れ様でございました!
      丸一日の牽引、ありがとうございましたw

      快晴の日に、純粋あわいちをしたい。
      美味しい店に寄りつつ、走りたい!
      もう自走は嫌だ!w

  2. あまえび より:

    アワイチお疲れ様でした。
    今度こそは楽しいアワイチと思っていましたが、後半はツライの一言でしたねw
    途中何度かソロライドになりgarmin820のグループライドの機能の必要性を感じました。
    またまた誘ってください(^◇^)

    • だるま より:

      本当にお疲れ様でした!
      なぜか今年に入ってから、「アワイチを楽しめない呪い」にかかってますね・・・
      福良からの30km/hでひた走りは辛かったですわ~。

      途中、はぐれてしまってすいませんでした。。。
      ぼくも520潰れたら820買いますw

      また早朝・深夜、時間問わず誘わせてもらうのでよろしくです~。

  3. 貧脚メタボ より:

    雨アワイチお疲れ様でした!
    記事を見ていて、前半はとても気持ちよさそうですね。
    貧脚で体力のない僕は後半をずっと雨に打たれて走るなんて想像するだけで胸焼けしてしまいますww

    • だるま より:

      ありがとうございます!
      朝から曇り空でしたが、気温もちょうどええ感じで、
      前半は抜群に楽しく走れましたよ~!

      体力とかじゃなくて、もうほんとに気力だけでしたよw
      たぶん、寿命2年くらい縮まりました。。。

  4. Leone より:

    こんにちわ。
    そのジャージ淡路島で見かけました。
    自分も6人で淡路島上陸していたのですが、自分だけ心が折れて福良からはショートカットして帰りました。天気予報があてにならなさ過ぎる一日でしたね、さすがに自走はすごいです。お疲れシタ

    • だるま より:

      どうも、こんにちは!
      まさか、淡路島で一緒になってたんですね!
      もしかして女性1名のグループでしたか?

      本当に天気予報以外に怒りのやり場がなかったですね…
      家に帰ってから福良からのショートカットがあることを知ったので、当日使えなくて残念でした^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>