午前中縛りの早朝山岳ライド!大阪から嵐山・保津峡~亀岡を走る140km!

はじめに

最近恒例になりつつある「超早朝ライド」
また今回も行ってまいりました。

そもそも。
週末に「午前中だけならOK!」と与えられた時間を
最大限に活用して走ろう!
という健全な理由から生まれた、
とても不健全(健康面で)なライドなわけですが、
最近はすっかり定番になってきました・・・。

比較的近所のはずなのに、
なかなか走る機会がなくて、
1年に一回は無性に走りたくなる道ってありますよね。

僕の場合は「アワイチ」と「保津峡」が、
それに当てはまるのですが、
今回はこの「保津峡」を走ってまいりました。
(そういえば、前回はアワイチだった!)

久しぶりだなぁと思って振り返ると、
やっぱりほぼ一年ぶりの保津峡ルートでした。
(↓昨年は保津峡~日吉ダムを走ってました)

日吉ダムへ大阪から約160kmのロングライド!大阪から嵐山・保津峡~日吉ダムへ走る!
はじめに 先日、シルバーウィークに京都のほうへ走ってまいりました。 唯一、時間を獲得できた一日だったんですが、 前日に予定していなかった実家帰省があったりして...

前回よりはコンパクトになっちゃいましたが、
大好きな保津峡を走ってまいりました!

 

茨木・高槻方面へ

今回、一緒に走ってもらうのはrose監督。
先週もしごかれ一緒に走ってもらって、
また今週も変な時間からご一緒してもらいます。
ほんとに毎度お世話になります。

朝3時半に家を出発しました。
もう朝の気温はだいぶ低いので、
先週の服装よりも少し厚着をしてスタート。

dsc01323

今回から地味にサドルが変わりました。
シェイクダウンだ。

dsc01324

城北公園からは内環で吹田まで行き、
今回は茨木方面へ。

dsc01325

この道はこの時間じゃないと走れないね・・・。

dsc01326

そして1時間ほど走って、
高槻のあたりで待ち合わせのコンビニに・・・
あれ!待ち合わせのコンビニ潰れてる!

一瞬焦りましたが、
roseさんとは無事に合流できました。
さて、ここから嵐山を目指して走ります。

dsc01328

高槻を抜けて嵐山を目指して走ります。
嵐山だったら川沿いを走れば良いと思うんですが、
僕らは吸い寄せられるように山へ突き進みます。

dsc01329

そう、わざわざ越える必要のない山を越える。
これが男の浪漫なのだ。
いや、少しだけアホなだけなのかもしれない。

 

山を越えて嵐山を目指す!

高槻からR79を走り、
「ベニーカントリー倶楽部」方面へ。
(今の今まで「ペニー~」だと思ってた!)

ここはゴルフ場の脇を抜けて、
長岡京のほうへ出る山越えルートです。
住宅地を抜けて進んでいきます。

工事中を示すライトがパレードのよう。

dsc01330

ゴルフ場に続く道の登り口に到着。
なんだ、この怖い雰囲気は・・・

dsc01331

そんな闇夜の坂道も、
二人で登れば怖くありません(怖い)

dsc01333

「大阪市内では綺麗な星空が見えないんだ」とか、
そんなことを話しながら登坂していました。
意外にロマンチストなおっさん達。

dsc01334

闇夜登坂でようやくゴルフ場前に到着。
でも真っ暗なのでどこかよくわからんのです。
いよいよ、京都方面へダウンヒルです。

dsc01335

ダウンヒル、クソ寒い!

北摂のほうでも"3℃"くらいだったようで、
この辺りもそれなりに寒かったはず!
ダウンヒルと共に足の指先が死にました・・・

dsc01338

ちょうど京都の町が
朝焼けに染まる中を下っていましたが、
下りきった頃には、すっかり陽は登ってました。

大原野の辺りを初めて走ったんですが、
少し高台で、景色の良い走りやすい場所でした。
お、気温は5℃!

dsc01339

依然、足の指先が死んだままだったので、
途中でコンビニに駆け込みました。

そして今シーズン初のカイロ大作戦。
本当に寒かったんだ・・・。

dsc01340

さて、もう少しで嵐山だー!

 

六丁峠から保津峡へ

途中、松尾の辺りで桂川沿いに出て、
そのまま嵐山へ。

こんな朝早くに嵐山へ来るのは初めてでしたが、
喧騒のない静かな嵐山は、
今まで見てきた中で一番素敵でした。

散策するならこの時間が一番いいんじゃないか?
(お店はどこも空いてないけど・・・)

kdawancl

dsc01342

このまま嵐山を奥へ進んでいきます。
嵯峨野の細い路地を抜けていきます。

dsc01344

dsc01345

愛宕神社の鳥居を左に曲がると、
急に雰囲気が変わり林道の風情が出てきます。
大好きな「六丁峠」へ。

dsc01346

dsc01348

雰囲気は抜群なんですが、
途中から勾配が急になってくるので必死。

dsc01349

最後の100mくらいは、17%くらいの激坂区間!
必死のパッチ。

dsc01352

六丁峠のところで写真を撮るのが通例!
ここでの気温は6℃。
ゴルフ場からのダウンヒルは何℃だったんだろう・・・

dsc01353

亀岡側へダウンヒルをして、保津峡へ。
ここは2時間サスペンスでよく出てくる場所。

dsc01354

渓谷に沿って走る林道。
ここを走りたかったんや~!

dsc01357

途中にJR保津峡駅を見渡せる場所がありますが、
ここからは季節によって違う保津峡が見えます。
素敵。

dsc01358

保津峡駅の辺りを越えると、
そこからはずーっと登り基調の道です。

今回は時間にも余裕がないので、
それなりの感じで走りました。
あっという間に水尾に着いてしまった・・・

dsc01359

久しぶりに走ってみると、
思っていたよりも登る道なんですね・・・。

dsc01360

dsc01361

途中で「神明峠」の標識が出てきます。
これが出てきても、ピークまでは後2キロほどあるという罠。
まだしばらく登るのです。

dsc01362

そしてがんばって走っていると、
ようやく「樒原」に到着しました。
登坂区間も終了です。

このあたりで標高は500mを越えるので、
本当にジワジワと登って来てたんですね。

dsc01363

dsc01364

ここに来たら、樽の前で写真を撮らなければなりません。
久しぶりに来ました。束の間の再会。
また来るよ!

dsc01365

ここまで想定していたよりもペースが遅く、
お昼までに家に帰れるか心配になってきました。

計画では、もう少し日吉のほうへ
足を延ばすつもりにしていたのですが、
不本意ながら、ルートを割愛する苦渋の決断。

というわけで、
R477であっさり亀岡市街地へ下ってゆきます。

dsc01366

しかしながら、このR477もとても良い道。

初めて通ったときは、ちょうど山が色づいていた時期で、
ご褒美のダウンヒルだなぁと思った記憶があります。

dsc01368

dsc01369

あんなに苦労して登って来たのに、
下りはあっという間、あっけないモノでございます。

ここからは田んぼの中の平坦路を走り、
亀岡市街地を抜けていきます。
ここからは竜ヶ尾山を越えて箕面を目指します。

 

竜ヶ尾山ヒルクライム!

京都縦貫自動車道の側道から、
亀岡カントリークラブへアクセスする道が、
「竜ヶ尾山」として知られている道です。

側道を走って、縦貫道を上から渡り、
ゴルフ場へ向かう道を登坂開始。

dsc01371

序盤は緩い斜度の登りですが、
途中からは、"激坂→緩坂の繰り返し"で
登る者の精神を刺激してきます。

終わったと思ったらまだある!

dsc01372

ゴルフ場の手前で、グイッと勾配が強まります。
最後は18%くらいの激坂を登って終了。
3kmくらいしかないくせに、
妙にしんどいヒルクライムなのでした・・・

dsc01373

そんな刺激的な登りに、
特に会話もなく、ピークで止まることもなく、
おっさん二人は、静かにヒルクライムを終了…。

距離のワリに、
精神的なダメージがすごい…
山越え完了。

dsc01374

さてさて。
山を越えた後は、しばらく快走区間です。
緩やかに下る道は、妙に心地いい!

dsc01375

そして清阪峠などの馴染みのある場所を走り、
激坂小学校の急勾配でケチョンケチョンになるのでした。

mvyoktwg

ありがとうございました。
もう完全にデガラシです。
このうなだれた感じ、疲労末期です。

nupneels

最後は勝尾寺へ寄り道して、
ヘロヘロの記念撮影となりました。

dsc01378

帰る時間も迫ってきているので、
そのまま箕面方面へ下っていきます。
しかし、今から帰るのがもったいないほどの天気!

dsc01379

結局、箕面まで戻ってみると、
予定よりも早く着くことができたので、
しばらく二人で駄弁ったりして、
満を持して、解散となりました。

roseさん、今回もありがとうございました!!

ここからは一人で大阪市内を目指します。
箕面の市街地を抜けていきます。
途中で車通りを避けて、
緑地公園から川沿いの道を走り神崎川へ。

dsc01380

神崎川沿いの道を走り、
ついつい、いつものクセで少し遠回り。

淀川河川敷へ出ると、その秋晴れの空に、
また「自転車日和」という言葉が浮かびました。
楽しいツーリングだったなぁ。

dsc01381

というわけで、
家に帰ってみると、予定通りの140km。
今回も「午前縛り」の割には、 
なかなか充実したライドができました~!

 

おわりに

今回は本当にクタクタになりました。
実は途中から「午前縛り」の恐怖に怯えながら走ってまして、
亀岡の辺りから必死に走っていたんですが、
もうその頃には振り絞る体力もなく、
箕面に着いたと同時に、白い灰と化しました。

しかし思っていた以上に、山ばかりでした。
誰や、こんなコースひいたやつ!(ぼくです

時間については、
走り終えてみると、意外に余裕があったので、
途中の焦りは何だったのかと思いましたが、
そういうのも全部ひっくるめて、
午前縛りライドの醍醐味なのかもしれません(違

今回も、朝が異様に寒かったんですが、
これから本格的な冬になっていくと、
走る場所も限られてきそうですね~。
いろいろと考えて走らないと!

 

Reliveを使ってみました!

さて。
今回、初めて「Relive」というサービスを利用してみました。
"Stravaのアクティビティから、走行ル-トの動画を作成する"
という感じのやつなんですが、
やってみると、なかなかおもしろいサービスです。

今回のルートで生成された動画です。
こんな感じで仕上がります。

Stravaを使用していれば、
登録するだけで簡単に使えるので、
興味のある人は「Relive」でググってみましょう。

Relive.cc
Relive and share your cycling adventures. With Relive, you can turn your ride into a legendary movie.

車載動画とかと組み合わせると、
めちゃくちゃ面白い動画になりそう!

 

今回の軌跡

距離:140.40 km
平均速度:22.1 kph
カロリー:2,859 C
時間:6:21:46
高度上昇:2,015 m
平均気温:6.8 °C

 

 

スポンサーリンク

6 Responses

  1. Tommy より:

    保津峡は気持ち良さそうですね。 ^^

    relive の件で twitter でご連絡差し上げた後で発見したのですが、 iframe タグに allowfullscreen を入れると、フルスクリーン表示が可能になりました。 ^^
    ご参考まで。

    • だるま より:

      保津峡の道は、秋は色づいた山が見えますし、
      夏は木陰が涼しくてとても素敵なところですよ~。
      嵐山から入って行くというのも、
      お気に入りのロケーションです。

      reliveの件、教えてもらったまんま掲載させてもらいました。
      そしてallowfullscreen、早速入れましたw
      ありがとうございます!!

  2. ogu より:

    初めましてoguと申します。
    2年ほど前からロードバイクを始めて北摂方面(勝尾寺&妙見山メイン)を走っております。
    だるまさんのブログ、楽しく読ませていただきかつ参考にさせていただいております。

    勝尾寺あたりでお会いする事ができるかもしれませんが、
    その時は是非お声がけさせていただいてもよろしいでしょうか?
    SCOTT CR1に乗ってます。よろしくお願いします。

    • だるま より:

      oguさん、はじめまして。

      ぼくも最近勝尾寺のあたりには出没してるので、
      あの辺りでお会いできるかもしれないですね!
      ぜひ見かけたら声をかけてやってください~。
      (極度の人見知りですがw)

  3. Tommy より:

    お役に立てて良かったです。 ^^

    保津峡へは近いうちに行ってみます。たぶん、年内に行けると思います。 ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>