雨の中を登る苦行!? 大阪~宝塚(十万辻)~猪名川ツーリング!

梅雨の貴重な"曇り"の天気予報。
走りに行かぬワケにはいかぬ!

今回はいつもの酒乱先輩と、
同じく大学同期の"Sバヤシ"を連れ立って3人で行くことに。

Sバヤシは先日「Focus Culebro 4.0」を買ったばかりの初心者。

Sくん使用のフォーカス


「峠なんか余裕や。」とビッグマウスを披露してくれたので、
その"余裕の峠越え"を含んだツーリングと相成ったのでした!


淀川河川敷で待ち合わせ。

待ち合わせは淀川


後、何度通れるか分からない赤川仮橋。

10月に閉鎖。赤川仮橋


全員集合。
今回のルートは武庫川~十万辻峠~五月山~帰宅、という算段。
途中までは以前"武庫川→十万辻峠ツーリング"で走ったルートをトレースする感じ。

 

いざ出発!

河川敷を毛馬まで走って、そこから川沿いの一般道をR2まで。
海老江の辺りでR2に入り、武庫川に突き当たるまで進みます。


久しぶりの武庫川!

武庫川到着

 

河川敷にはサイクリングロードがありますので、
宝塚まで続くこの道を走ります。
武庫川CRへ

 

まさかの出会い!?

パーっと走り出すと、
すぐにたくさんのロード乗りの人とすれ違います。
今日は結構走ってるなぁ…あれ!?

今すれ違った人…お義父さん!?


後ろを振り返ると気づかず走りさる義父。
必死で猛追する僕。やっと追いつく。

「お、おとうさん!」
『お、なんでおるんや!?』

ってことで、
まさかの出会いにしばらく立ち話をしました。
ひょんなことで会うとテンションあがりますねー。
またどっか連れてってください!

 

ということで。
ここいらでこの日の写真が
ほとんど無いことに気づく人がいるかもしれません。
…撮るのをほんとに忘れていたのです。


武庫川を宝塚まで北上。
宝塚に着くと、駅前を抜けて生瀬まで走ります。
ここから川を渡れば"十万辻"まですぐなので、
目前のここで小休憩。

生瀬で休憩

 

雨の峠へ挑む!

さて。
ここから十万辻峠に挑んだワケなんですが、
天気予報を裏切り、途中で雨が降り出しました。
雨の中、峠を登るほどドMではないんですが、
こうなったものは仕方ありません。
ひたすら登ります。

ビッグマウスのSバヤシは、まさかの大健闘!
バリバリ登ります。

十万辻へ挑む


さすがロックドラマーだけあります。
ペダルとハイハットで鍛えたマッスルでグイグイ登ります。


そして無事に途中で降りることもなく登頂!

十万辻、なんとか登った!

しばらく休憩したけど、雨が止む様子もないので、
このまま予定通り川西方面へ行くことに。

 

"十万辻トンネル"を抜けて右折。
そして川西方面、多田方面にR325を走ります。

この道が思っていた以上に狭い!
しかも雨の中の下り道で路面も良くない道だったので
結構スリル満点になってしまった…

晴れの日に走ったらさぞかし気持ちの良い道なんだろうなぁ。
跳ねる泥、ごろつきの石ころに悲鳴を上げた恐怖のくだりでした…。

 

五月山目前で…

無事、12号線に合流しR173沿いのローソンで休憩。

ローソンで休憩

ほんとならココから五月山アタックに行くはずやったけど、
さすがに雨の中走るほどの根性もアドレナリンもなかったので、
今回は無念の"割愛"となりました。

少し雨脚が落ち着くのを待ってから帰路へ出発。
帰りは猪名川沿いから神崎川沿いに入って、
そのまま淡路のほうへ抜けて帰りました。


雨に降られたのは残念やったけど、
なかなかおもろいツーリングでした!

しかし恐るべき初心者Sバヤシ。
あんなけ走れたらロングライドも大丈夫そうやなぁ。
ええ仲間ができたぞw

 

今回のルート(だいたいですが…)


大きな地図で見る

走行距離:81.11km

 

ちなみに、雨が降らなければ、
"五月山から止々呂美へ抜けて、R423を南下して、R173に復帰して帰る"
という計画でした。
このルートはおもしろそうなので、また別の機会に置いとくことにしよう。


 

 

スポンサーリンク

4 Responses

  1. より:

    今日一週間ぶりのチャリ通したら膝が死んだ(; ̄O ̄)

    • だるま より:

      先日はお疲れさまでした!
      膝は結構キツイんで、あれやったら医者行ったほうがええかもしれないですよー。

  2. より:

    一応医者行ったわー

    身体が歪んでるせいもあって左にばっか負担がいってるんかも。

    帰りにチャリこいでたら引いた時にビンディングはずれて転けたww
    もうそろそろ交換すべきかねぇ。

    • だるま より:

      消耗品やから、変え時かも知れませんねぇ。
      ペダル回すときに引き足中心に回すとか、
      いろいろやってみたら良いかもですね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>