銀塩一眼レフカメラ「PENTAX MG」で初めての現像

昨年、急に思い立って購入したフィルムカメラ。

見た目はもちろんやけども、
"完全マニュアル機を避けた"という消極的な選び方をして購入したのは、
「Pentax MG」!

銀塩一眼レフ"Pentax MG"

入門用オート機なので、絞りとフォーカスさえコチラで決めれば、
後はカメラ様が露出を決めてくれるという、優れもの!
(今となってはすべて自動で当たり前というところが時代を感じますが。)

MEの廉価盤です

まぁそういう初心者向けな機能性に身をゆだねることにしたワケです。

レンズは単焦点だけで良いと買う前から決めていたので、
そうなると標準画角の50mm、後は"なるべく明るいレンズが良い"ってことで、
「PENTAX SMC-M 50mm f1.4」をセットで購入しました。

Pentax SMC-M 50mm f1.4

 

というのが去年の2月くらいの話ですw

24枚撮りのフィルムを同時購入して、それを入れていたんですが、
なかなか普段はデジイチを使ってしまって、
シャッターを押す機会が少なくなってしまって…

24枚使うのに、1年かかってしまったw

しかし、先日ようやく使い切ったのです。
待ちに待った初現像ができました!

いくつか載せてみる。

 

Pentax MGで撮影「ドアナー展」
↑Robert Doisneau展にて

 

Pentax MGで撮影「マイホーム」
↑家での試し撮り

 

Pentax MGで撮影「人の子ども」
↑人様の子ども。

 

という感じで、結構思ったよりも粒子が目立ちますが、
露出ミスなのか、フィルムの特徴なのかよく分かりません…。

ちなみに、使用したフィルムは"フジカラー PRO400"。

 

by カエレバ

なかなか独特な風合いで出てて好きな感じでした。

でもほかにも色々と試してみたいので、
次はネットでも独特な低彩度が評判の"Solaris 400"を使うことに。

名フィルム!? Solaris 400
 

んー、次は1年後にならないように積極的に撮ります!
最終的にはブレッソンみたいに白黒で撮るという野望だけは…

 

 

by カエレバ

 

by カエレバ

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>