コンパクトな輪行バッグ!”オーストリッチ ロード220″購入&試用してみました!

近々、いくつか輪行の予定が立っているので、
ロードバイクの輪行袋を新調することにしました!

"Ostrich 輪行袋 ロード220"

製品本体

オーストリッチの長く愛される定番商品「ロード220」。
いろいろほかのものとも比べましたが、
「やはり長く愛されるには理由がある!」というところに至り、
輪行袋の買い替えと相成りました。

 

TIOGA コクーンからの乗り換え

そもそも輪行袋はすでに1つ所有しておりました。
"タイオガ コクーン"というもので、こちらもとてもポピュラーな商品です。

商品の最大の売りは「前輪を外すだけで収納可能」というところ。
この手軽さと、製品本体の携帯性の良さ(非常にコンパクト)は、
他の追随を許さない感じがあります。

明石までは輪行で

この「前輪を外すだけ」という手軽さ故に、
コクーンは輪行状態にしても、サイズがかなり大きいのが難点。

そして、サドルだけが袋から出る状態になるんですが、
これは厳密に言うと、JRなんかではルール違反になるという話もあり、
(サドルを外せばいいだけなんですが。)
まぁまぁ使う機会のあるものなので、
「納得のいくものを買いなおそう」ということで、買い替えとなりました。

 

"オーストリッチ ロード220"を選んだ理由

なぜ数ある中からこれを選んだかというと、やはり手軽さ。
事前に雑誌やネットなどで調べて、
タイヤの収納スペースのあるのが便利そうだったので、
最終候補にはロード220と、同社のロード320が挙がりましたが、

  • 畳んだ状態であまりかさばらないもの
  • もちろん収納作業が楽なほうが良い

という上記の2点から、「ロード220」に決めました。
ロード320にすると、輪行袋自体の携帯性が落ちるというのと、
自分の使い方だと、そこまで生地の分厚さも求めないかなと、思ったからです。

オーストリッチ輪行バッグ

 

モノを見てみる

思い立ったら吉日。
早速ネットで注文して、ロード220をゲットしました。
普通は青色なんですが、今回買ったのは"限定色ブラック"

P1000775

ロード220

説明書も付属。
ちゃんと自転車の収納方法も書かれていました。

説明書

パッケージを開けて内容物を確認。
本体のほかに収納ポーチと、ベルト各種。
ロード220には、リア用のエンド金具も付属しています。(右上)

内容物

「生地が薄い」と評判もありましたが、
コクーンに比べると厚手の生地。
思ってたよりもしっかりしていて安心。

ロゴ

 

試しに収納してみました

ちょうど翌日に来るまで自転車を運ぶ予定があったので、
輪行バッグを使ってみることに。

自転車の前後輪を外して、エンドにはエンド金具を装着。

エンド金具取り付け

別売りのオプション、フロント用のエンド金具も持っていたので、
フロントに装着。

別売りフロント用のエンド金具

輪行袋を開くと、サドル位置・リアエンド位置が書いてあるので、
その通りに自転車をおきます。

広げてみた

目安位置が記載

上に乗っけるとこんな感じ。

本体設置

前後輪のホイールを両サイドのポケットに格納。
スプロケの部分はボロ布でグルグル巻きに。

ホイール設置

両輪ともポケットに入れたら、フレームとホイールをベルトで固定。

ホイールとフレームを固定

固定したら完全に自立しますね。
チェーンがむき出しなので、ボロ布をかぶせときました。

準備完了

後は持ち運び用のショルダーベルトをフレームに装着します。
ベルトは途中で取り外しできたほうが便利なので、
コクーンのベルトを使用してみました。
長さは短いですが、問題なく背負えました。

後はファスナーで袋を閉めてしまえば準備完了!

格納完了

慣れてないと時間がかかるかもしれませんが、
意外と簡単なので、1、2回やってみると、すぐにできますね。

これと前後輪収納ホイールバッグを別に用意するのが、
一番楽で身軽なのかも、と思ったりして…。

収納方法は動画で詳しく解説されていますので、
一度こちらを見てもらったらイメージ沸くと思います。

 

収納してみて思ったこと

  1. 収納時のギアに気をつける (アウタートップで。)
  2. ホイールにペダルが干渉しないようにする
  3. ボロ布があれば便利

どうでもいいことですが、こんな感じでしょうか。
「フレームとホイールを縛る仕様」なので、
フレームカバーなどオプション品があれば尚安心ですが、
その辺りはボロ布とかで工夫できるところですね。

まぁ前後輪外そうがなにしようが電車では邪魔になる輪行。
でも至極便利な交通手段であることは確かなので、
うまいこと使って行きたいですね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>