[沼澤尚 参加]”Nothing But The Funk”2013年1月に来日!

ボーっとしてたらおもしろい来日情報を発見。
昨年の来日公演を見て度肝を抜かれて、
しばらく頭から離れなかった"Nothing But The Funk"
彼らが今年(来年やけど)も来日するようです!!

日本屈指のグルーヴドラマー沼澤尚、
Princeのバックバンドも務めたEddie M、
東大阪が生んだリチャードティこと森俊之、
その他強烈メンバーから成る"Funk Unit"なのであります。


昨年見たライブは10月10日、大阪公演でした。
確か一発目に"Soul Power"が始まって、
そっからタイトなFunkが終わるまで怒涛だったという
なんとも曖昧ですが、めっちゃええライブやった記憶があります。

さてさて、今回のライブの詳細です。

○Billboard Live TOKYO
1/5(土) 1stステージ開場17:00 開演18:00
         2ndステージ開場20:00 開演21:00

1/6(日) 1stステージ開場15:30 開演16:30
        2ndステージ開場18:30 開演19:30

Ticket : サービスエリア 7,000円 / カジュアルエリア 5,000円

○Billboard Live OSAKA
1/8(火) 1stステージ開場17:30 開演18:30
          2ndステージ開場20:30 開演21:30

Ticket : サービスエリア 6,900円 / カジュアルエリア 5,400円

http://www.billboard-live.com/

○来日メンバー
Nothing But The Funk :
沼澤尚(Drums)
森俊之(Keyboards)
Raymond McKinley(Bass)
Eddie M(Saxophone)
Steve Baxter(Trombone)
Nate Mercereau(Guitar)
Karl Perazzo(Percussions)

 

昨年はギターがTim Stewart、
トロンボーンがMarvin Thompsonでしたが、
それぞれNate Mercereau、Steve Baxterに変わってますね。
Steve Baxterくるのか!
佐藤竹善のバックバンドでも活躍してましたね!
Al Mckay Allstarsや、Crusadersなんかにも参加経歴のあるプレイヤー。
かなり楽しみです!

前回、本当に一番強烈に印象に残ったのは沼澤尚のドラム。
以前、Leyonaのツアーで見たこともあったけど、
その時とは、比べ物にならないくらいタイトで、
一発が重く、そしてネバリのあるグルーヴ。
CDで聴くものとは全然違うドラムにビックリしました。
あれはかっこええわー。

ちなみに今回もキーボードはCat Grayではないのんね。
一回、生で見てみたいなぁ。

 

[関連CD]

by カエレバ

沼澤尚がドラマーを務めるファンクバンド13CATS。
SLTなどのプロデュースでファンクを効かせていたCat Grayを核に、
ポップであり、ファンキーであり、不思議にキャッチーな音楽をやってます。
 

by カエレバ

佐藤竹善のソロツアーを収録したライブアルバム。
ほぼ"Nothing But The Funk"で構成されたメンバーがバックを務め、
ファンキーでAORな音楽が堪能できる良作。
竹善さんのボーカルも最高ですね。
 

by カエレバ

ライブバンド"Shikao&The Family Sugar"を従えたツアーを収録したライブアルバム。
沼澤尚、森俊之、松原秀樹などなど強力なメンバーを中心に、
J-POPではなくJ-Funkを聞かせてくれます。
初回限定のDVDはライブ映像がたっぷり収録されていて、オマケどころじゃないです。
 

by カエレバ

梶原順、浅野祥之、松原秀樹、沼澤尚からなるインストバンド。
ツインギターで和製Stuffともいえるキャッチーかつ、
Groovyなサウンドを聴かせてくれます。
ゲストで森俊之も参加してはります。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>