巷で評判の”秀逸コンデジ”「オリンパス STYLUS XZ-10」購入!

自転車に乗るときは、
ミラーレス機の"Panasonic Lumix DMC-GF5"
いつもバックポケットに忍ばせていました。
約一年前にボディだけ購入したもの。

GF5ボディのみ購入!

家にあったパンケーキレンズを付けて自転車用/ブログ用として使っていました。
(関連記事→ 小型ミラーレス一眼"Panasonic Lumix DMC-GF5"購入!

しかし!
2度ほど大きな落下をしてしまった影響だと思うんですが、
最近画面が真っ黒になってシャッターが切れなくなったり、
どうも調子が悪くなってきてしまいました…。

ということで、新しいコンデジを購入いたしました!
すぐに乗り換える辺りがダメ人間。

 

OLYMPUS "STYLUS XZ-10"

名機Stylus XZ-10

コンデジ

オリンパスの2013年発売のコンデジ。
ハイエンドコンデジでもないのに、写りが良いのが評判のカメラで、
型落ちになるので、価格もええ感じに下がってくれていました。
購入価格は約1.5K。
なかなかええ買い物ができたのではないかと思ってます。

(オリンパス : http://olympus-imaging.jp/product/compact/xz10/

 

"コンデジ"という選択

自転車で使うのがメインになってしまうので、
「小さければ小さいほどありがたい。」
ミラーレスを使ってたくせに、こんなことを言うのもなんですが、
コンデジと自転車の相性は抜群ですね。

コンデジとしては少し大きめ

少し前までは、"サイズ"と"価格"くらいしかウリのなかったコンデジですが、
今のコンデジはいろいろと進化していてスゴイ。

この"XZ-10"には「ZUIKO」ブランドのレンズが付いています。
しかもこのレンズが「F1.8」とめっちゃ明るいのです。
テレ端でもF2.7という、なんともありがたい仕様のレンズ!
一眼のようにはいきませんが、そこそこの暗所でも耐えうる明るさ。

ZUIKO!

レンズがめっちゃ明るい!

マクロモードだと1cmまで寄れる。
コンデジならではの「これ一台でなんでも」というのが、やっぱり嬉しい。

"昔の廉価ミラーレス"なんかと、"今のコンデジ"とだと、
本当に差がなくなってきたんじゃないかなと思いますね…。

自転車用としても申し分なし
自転車のジャージにもスッポリ。

実写レビューは、PHOTOHITOとか見てもらうと、分かりやすいかも。
ぼくは明るいレンズならではの写真が多くて惹かれました。

http://photohito.com/camera/brands/olympus/model/xz-10/


 

操作性も良好

操作性、機能性は良好!

フルオートやマニュアルモード、シャッター優先、絞り優先も
しっかりダイヤルで付いているので、当たり前の仕様ですが操作しやすいですね。
("GF5"では、この辺の取り回しが悪かったので…)
直感的に操作できるのは良いですね。

タッチパネルとか、色々他にも細かい機能がありますが、
僕は基本的なところしか使わないので、その辺りはスルー…。

そしてレンズの周りにある、「コントロールリング」が秀逸!
このリングで絞り値/シャッタースピードなどの変更ができるし、
リングを回すだけという、カメラ本来の使いやすい動作で機能する
独特の使いやすさがここにあるという感じ。
機能としては一眼についてる、カリカリのダイヤルに相当しますね。

レンズ部分のリングがええ感じ

後、「USBケーブルから充電ができる」のは、とてもありがたい機能なんですが、
オリンパス特有のUSB形状はちょっと使いにくい…。
この辺はminiかmicroにして互換性もたせるべきだと思う。

わずらわしい専用ケーブル

 

これぞコンデジの素晴らしさ

無意味な比較ですが、一応"GF5"とのサイズ比較。
やっぱり小型ミラーレスと比べても、小さい!(当たり前!)

ミラーレス機GF5との比較

数年前のコンデジだと、撮れる画にも不満だらけだらけでしたが、
この"XZ-10"に触れて、感覚がガーンっと変わってしまいました。

これくらい優れたコンデジがあるなら、これで十分。
自転車に乗ったり、使い場面がそれに適しているならなおさら。

オールインワンのコンデジならではの長所を生かした製品だと思います。
変に小型化した使いにくい廉価ミラーレスより、
こちらのほうがよっぽどカメラとして、優秀だと思うなぁ。
ツーリング中に、立ち止まって写真を撮る機会が増えるかも!?

背中の水没と、ポケットからの落下には注意しないとね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>