国産アコースティックベース「TAKAMINE PB-15」購入!

最近、アコースティック編成でライブをする機会があり、
ずっと愛機「Ibanez AEB-10」で頑張ってきたのですが、
演奏する度に「もう少ししっかりとしたアコースティックベースを演奏してみたい!」
という思いが強くなり、今回思い切って購入しました!
"Ibanez"は知人の元へドナドナ…。
関連記事→ エレアコベース"Ibanez AEB10E"

 

TAKAMINE PB-15

Takamine PB-15

Takamineロゴ

今や日本が世界に誇るギターブランド「TAKAMINE」の、
2000年代辺りを最後に生産終了になってしまったモデル。
定価15万という価格設定はミドルグレードって感じですかね。

もちろん中古品での購入でしたが、
今回入手したものは本当に状態が良くてビックリ。

アコースティックベースは流通量も少なく、
最近楽器屋で見るような商品は廉価製品が多いのが現状。
"大都市大阪"でさえ、試奏をして購入というのが非常に難しくて、
結局"ネット通販"という選択をしたのですが、
今回は当たりを引いた気がします。

made in Japan

ミディアムスケールの"Ibanez AEB10"とは違い、こちらはロングスケール
弾いてみると、それほど違和感はなかったですね。
(まぁジャズベと一緒だから当たり前か…)

まだスタジオで鳴らしていないので、音についてはなんとも言えないですが、
ネックのちょうどいい厚さが、ジャズベとの持ち替えにも違和感が少なくて、
意外と抱えた感じもしっくりくるというのが第一印象。

しっかりと調整がされていたのか、弦高も高すぎず低すぎずで、
思っていたより弾きやすくて、うれしい誤算でした。

ブラックナイロン弦装着

 

ブラックナイロン弦仕様に変更

今回はダダリオのブラックナイロン弦を張ってみました。
FENDER弦ほどでないにしろ、ブライトな音もほしかったので、
「FENDER弦よりはメロウだが、そこそこブライト」というような情報があったので、
ダダリオを選びました。

ブラックナイロン弦 D'Addario ETB92

中身を出してビックリ!
フェンダー弦は「ラウンドワウンドのブラックナイロン」という感じでしたが、
ダダリオの弦は「フラットワウンドのブラックナイロン」で、
そのスベスベした質感が全然フェンダーの弦とは違いました。

初めてのダダリオナイロン弦

実際に、ベースに装着して弾いてみましたが、
生音では評判どおりの印象で、メロウな出音に満足。
ただフェンダーのものに比べると、「弦のテンションが堅い」のが、ちょっと残念。
(↑楽器の違いもあると思いますが)
ロングスケールでテンションも強くなったことで、
よりジャズベースのフィーリングに近くなってしまった感じがしました・・・。

 

そしてハウリング対策には、ギター用のホールカバーを着用。

Planet Waves PW-SH-01

アコースティックベースの音に、
そこまでシビアに箱鳴りが影響されるとも思わないので、
基本的には常時着用しておこうかと思っています。

ホールカバー

というわけで、
しばらく使いこんだら、再度感想を書きたいと思っています。
ブラックナイロン弦だと弦アースが落ちないから、
やっぱりノイズ対策はどうにかしないといけないよなぁ。
・・・悩む。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>