厳寒期用ウェアに!「dhb Vaeon Zero パッド付きビブタイツ」購入!

はじめに

少し前に秋冬用のビブタイツとして、
パールイズミの「T995-3D ブライトビブタイツ」を買いまして、
今シーズン既に何度か活躍をしております。

関連記事→ PEARL IZUMI "T995-3D ブライトビブタイツ"購入!

推奨気温が"10℃"なので、
この季節の本格的な寒さの中では、これだけだとちょっと厳しい。

「重ね着していたら十分」

と強がりを言っていましたが、
何度か使用してみて考えが変わりました。
ええ、サラっと変わりました。

「重ね着をしてもクソ寒い時期だとちょっと心もとない」

昨年のように「氷点下に近い気温の中を走る」ことも、
この先きっとあるに違いないと思い、
「厳寒期用タイツ」をこのセール時期に買っておくことにしました。

 

Wiggleで「dhb Vaeon Zero Bib」購入!

数々、腐るほどビブタイツがある中で、
今回買ったのはwiggleブランドの"dhb"でした。

dhb Vaeon Zero パッド付きビブタイツ

以前使用していたビブタイツがコスパ抜群だったので、
個人的には結構良いイメージのあるdhbブランド。
今回もセールでお手頃価格となっていたので、迷うことなく購入。
僕が買った時の価格で¥6,500ほど(!)。
厳寒期用のビブタイツでこの値段は破格すぎでしょ。

というわけで、
さっそく中身を見てみました。

 

中身を見てみる

いろいろな機能性が謳われていますが、
こーゆー素材的なものは、どれもイマイチ理解できない…。

いろいろと機能性が詰まっている?

広げてみたら変なポーズになってしまいましたが、
形としてはフロントファスナーのついたビブタイツで、
前に使っていた「dhb Vaeon Roubaixビブタイツ」と似た形です。

広げて見た

便利なフロントファスナー仕様
パールイズミのものほどではないですが、
胸の部分も通常のビブタイツに比べるとカバーされてます。

フロントファスナー

風の良く当たる脚の部分には、
「WINDSLAM」という防風加工?がされています。

防風素材WINDSLAM

裾の部分は裾が上がってしまわないような配慮がされています。
ここは「Vaeon Roubaixビブタイツ」と大きく違っていて、
こちらは裾部分にはファスナーもないタイプですね。

裾部分

パッドはこんな感じ。
こいつは必要最低限の役目をしてくれればいいかな。

パッドはこんな感じ

 

サイズについて

今回は前の教訓を生かし、「Sサイズ」を購入。
人間、経験に学ぶことが大切。

Sサイズ

ひとサイズさげてジャストフィット

届いてすぐにブログ用に写真を撮って、
そしてふいに服を脱ぎ、こいつを着用してみました。

サイズ、ピッタリやん!

身長178cm/体重57km前後のガリガリクソ野郎のぼくみたいなもんには、
Sサイズでちょうどよかったです。
最近のdhbのラインナップは分からないですが、
この商品くらいの、一昔前の商品は少し大きめのサイジングなのかも。

反射素材も

 

実際に使ってみた感想

まだ二度ほどしか使用できていませんが、簡単な感想を。
厳寒期向けのビブタイツは初めてで、
他社との比較などもできませんので適当に。

着用感はSサイズを選んだおかげで程よくタイトで良好
腰回りのフィット感はパールイズミより好きかも。

10度前後~氷点下の条件下で走りましたが、
かなり良くできていて、強烈に寒さを感じるようなことはなかったです。
氷点下でのダウンヒルのときはさすがに体は冷えましたが、
お腹から上と末端が寒かったのに比べると、
脚の辺りは思いのほか大丈夫でしたので、
そこそこの防風性能は備わっていると思います。

風の良く当たる前面はWINDSLAM仕様だ

パッドについては他社との比較もできてしまうので、
少し物足りなさを感じてしまいますが、
逆に言うと、それ以外ではそこまでツッコムとこはないくらい、
なかなか良くできた商品だと思いました。
しかし脅威のコスパやで、これは。

ということで、今年の冬はこいつで乗り切るぞー。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>