冬の防寒対策に!パールイズミの”ウィンドブレークライトトゥカバー”購入!

最近の寒さにはウンザリなのであります。
元々寒さには弱い体質なので、「寒さは敵」。
ましてやロードバイクで外を走り回るなんて、なかなか根性が出ないのです。

この週末に外へ繰り出そうかと思ったんですが、
かなり寒い天気予報になっていたので、あっさりと断念…。

これではいかん。
今後のツーリングに向けて、少しでも寒さを和らげよう!ということで、
新たに寒さ対策グッズを導入いたしました!

 

Pearl Izumiのシューズカバー
"ウィンドブレークライトトゥカバー"(7975)

パールイズミのシューズカバー

地に着く部分にはゴムが

シューズを丸々覆うタイプのシューズカバーは既に所有していますが、
どうもめんどくさかったり、"冷たいのはいつもつま先だけ"だったりするので、
今回トゥカバーを導入してみました!

 

トゥカバーに求める条件としては、

○着脱が容易
○安価
○耐寒効果

というところがどうしても出てくるところかと思いますが、
この"ウィンドブレークライトトゥカバー"はどんな感じなんでしょうか。

 

決して容易ではない-"頑固な"着脱

使用しているシューズが27cmなので、今回購入したのはLサイズ(26~27.5cm)。
早速シューズに付けようと思ってやってみると、これが意外に固い。

コツを掴めば、まぁ苦労せずに着けられるんですが、それでも着けにくい。
靴のサイズは対応サイズなので、元々こういう仕様なのかな…

シューズに着けた感じ

クリートの部分に被せるのが、なかなかきつかった!
しかし、僕の場合、奇跡的に、"カバーを着けたまま靴が履ける"ことが分かり、
しばらく靴にカバーを着けたままにすることにしました(笑)

クリートの部分がきつい

"簡単に"着け外しという感じではないので、
そこを重要視するなら、ベルクロで着脱するタイプのほうが向いてるかも。

 

"推奨気温"は15度!?

パールイズミの商品には、親切にも「大体これくらいの気温下で使うのがオススメ」という
目安になる表示がされているみたいなんです。
ちなみに先日買ったジャージにも、こんな感じで表記されてました。

15度くらい用らしい

 

そういや買うときにちゃんと見てなかったなぁと思って見てみると…

15度!?

おお!思いっきり15度って書いたある!
15度やったらシューズカバー要らんくらいの気温では…

ちなみにパールイズミのシューズカバーのラインナップを見てみると、
こんな感じで展開されておりました。

パールイズミのシューズカバー

今回のトゥカバーは真冬向けの商品じゃなかったようですね…。
(というか、トゥカバー自体がだいたいそういうものみたいですね。)

一番重要な防寒効果については、
実際に使用してからレビューできたらと思います。

 



というわけで、
当初のポイントはこんな感じでしょうか…

○着脱が容易 →×
○安価 →△ (定価2500円。性能次第かな…)
○耐寒効果 →?(未確認)

 

さすがに、真冬にこれだけの装備だと寒いかもしれませんが、
実際は、「このシューズカバー+靴下用ホッカイロ」という磐石装備で
冬場を乗り切りたいと思っています。

その辺も含めて、次に走るのを楽しみにしたいと思います!
待ってろ次の週末!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>