冬の厳寒ライド!ロードバイクで大阪から三田・永沢寺へ!

はじめに

以前からブログやTwitterでお世話になっているdaiconさんと、
三田・蕎麦ライドを企て行ってまいりました!

「三田へ行きましょう!」という話になったのは11月末。
お互いの予定を調整した結果、12月14日に決行と相成りました。
しかし、待ちわびた14日は、まさかの"クソ寒い日"だったのです。
ようやく実現した三田ライドは極寒&厳寒ライドとなったのでした。

今回は紆余曲折あり、珍しく写真がほとんど全然ございやせん。
でもせっかくなので、ルートと概要だけ書いておくことにしました。
思い出だ。

 

朝からヤバかった

川西の辺りに9時に集合の約束。
特に意識したことのない「ウチから川西までの所要時間」。
まぁだいたいいつものガーミンの表示が1時間15分くらいだから
そんなもんで大丈夫だろうと、7時45分に家を出発しました。

スタートはいつもの城北公園

これは後程知ったのですが、待ち合わせまでの距離は"26km"ほど。
"1時間15分"っていうのも経過時間じゃなくて実走時間だったようで、
川西までは、川沿い以外にも街中を走ったりもするので、
今になって考えると、最初から出発時間からして間違えていたんですね…。

そんなこんなで、神崎川の川沿いの道へ入ると、
そこでは恐ろしいことが起きていたのです。

「めっちゃ向かい風!(暴風)」

まさかの猛烈な向かい風…。
道中が向かい風だと、さらに時間がかかることは明白。
それほど時間に余裕がないことは分かっていたので、これには焦りました。
しかし今回は遅刻する訳に行かないので、
それはもうエンデューロにでも出てるのかと思うくらいのガンバリで走りました。
そして待ち合わせ場所へは、なんとか1分遅刻で到着できたのでした。
あぁ、自業自得とはこのこと…。

 

三田・永沢寺へ!

川西でdaiconさんと合流した後は、
目的地へ向かうためにR12で猪名川、R68で三田方面へ。

朝のガンバリが関係あったのかなかったのか、
なんだか足が本当に絶不調で全然回らないのですが
案内役はぼくなので、ママチャリくらいのスピードで颯爽と先頭を…。

ぼくの足があまりにも動かないので、
ヒルクライムを避けて目的地へ行くことにしました。
そしてしばらく走ってようやく目的地に到着!

峠の茶屋 一軒屋
http://tabelog.com/hyogo/A2807/A280703/28007492/

なんと!!!!
冬季休業してました…!
daiconさん、本当にごめんなさい。
ネットにも不定休って書いてあったから…(言い訳)

この日は絶対にヒルクライムはしたくなかったんですが、
仕方なく永沢寺にある蕎麦屋に行くためにヒルクライムすることに。
案の定、恐ろしいくらい全然上れませんでしたよ…

いつもは景色が良いし、個人的な思い入れがあるので、
"母子経由で永沢寺まで"行くことが多いんですが、
逆ルートの小野からR49で上るほうがキツイですね…

関連記事:
クロモリロードで行く!三田・母子~篠山ツーリング!
大阪~三田(母子)・永沢寺~宝塚ツーリング!

 

ということで、死ぬ思いで永沢寺に到着しました。
そば道場にあるお蕎麦屋さん「水無月亭」で仕切り直しの昼食。

水無月亭
http://tabelog.com/hyogo/A2807/A280702/28025772/

今回唯一の写真

純粋にそばがうまかった!
かけそば大盛りにすればよかった。

 

激寒ダウンヒルからのコーヒーブレイク

永沢寺からは母子へ下り、青野ダム沿いを走るルートを取りました。
しかし母子から下青野へ下るダウンヒルが「地獄の寒さ」
流れる涙と、震える手足でもってなんとか下りきりましたが、
ある意味かなり強烈な下りでした…。

青野ダム沿いを走って、志手原まで帰ってきたら、
そこから少し三田市街地方面へ進みます。
そして今回のコーヒーブレイクの場所「三輪珈琲店」へ入店。

三輪珈琲店
http://atelierpersimmon.com/

ストーブで暖を取ながら、珈琲とあたたかいチーズケーキでディープな休憩。
ゴルフ場のカート置き場を改築したという店内は
もう一つも動きたくないくらい居心地の良いカフェでした。

店主がとても気さくな方で、
「ウチはかき氷がおいしいから、また夏に自転車で来てください」
と言ってくれました。
いやいや、また近いうちに行きますよ~!

そして帰路へ着き、川西でdaiconさんとは解散。
その後、途中で日が暮れてきましたがなんとか帰還。
楽しかったけど、同じくらい足が辛かった(笑)

 

服装には悩みました…

今回、本当に寒い中を走りました。
(後で調べたら、この日の三田は最高気温でも5.9℃だった…寒いはず!)
服装もかなり迷ったんですが、実際に着ていったのはこんな感じ。

上は夏用インナー+冬用インナー
その上に、冬用ジャージ+ウインドブレーカー
下はSKINSのロングタイツを履いて、その上に冬用ビブタイツ
冬は耳がちぎれるほど寒いので、ヘルメットの下には、ニット帽を着用。
つま先を冷えから守るため、冬用靴下を着用して、つま先に靴下用カイロ
そして靴にはトゥカバーを装着。
手袋は厳寒期用の分厚いやつを着用。

というような感じでした。
ダウンヒルでは歯が立たないくらい寒かったんですが、
他では、我慢できないことはないくらい。(でももちろん寒い)
これに加えて、ネックウォーマーとインナーグローブをしていたら
だいぶ違ったんじゃないかと思っています。

ちなみに今回着用したウェアの記事はコチラ:
パールイズミ"クールフィットドライ"購入!
パールイズミの"ウィンドブレークライトトゥカバー"購入!
パールイズミのロングスリーブジャージ"3455-BL"を購入!
dhb Vaeon Roubaix パッド付きビブタイツ購入!

↑厳寒用ウェアはひとつもないのがミソですね…

 

おわりに

daiconさんとはTwitterやブログのネット上での
やり取りはあったものの、一緒に走るのは初めてでした。
自転車の綺麗なフォームにビックリでしたが、
自称の"貧脚"は嘘八百なことも発覚しました(笑)
ちょっと今回は諸々の不手際でご迷惑をおかけしてしまったんですが、
文句も言わず一緒に走ってくれて、本当にありがとう。
普段一人で走ることが多い僕にとっては、とても楽しい経験でした。
蕎麦屋のリベンジ、そして僕自身のリベンジをかけて是非また。

 

途中で蛇行して走ってしまったからか、
ガーミンのGPSがバグってますね…。

距離 : 147.70 km
平均速度 : 20.8 kph
カロリー : 3,986 C
時間 : 7:07:00
標高差 : 1,373 m
平均気温 : 7.5 °C

 

スポンサーリンク

4 Responses

  1. daicon より:

    案内、有難うございました本当に楽しかったですね!!ぜひまた行きましょう(>ω<.)b

    • だるま より:

      いやいや、案内全然できてなくてすいませんでした…。
      しかし蕎麦屋はほんとに残念でしたね(笑)

      ぜひまた行きましょう!
       

  2. キャノンエイト より:

    こんばんわ〜。
    今回はついに三田方面に行かれましたか〜。♪
    前回は不運な事故だったので、ライドに行けてよかったですね。
    この寒さで約150kmの走行は大変だったんじゃないですか。
    私も先日、妙見山へ久しぶりに登板しましたが、寒すぎて(−1℃でした)速攻
    帰宅しましたが、走った距離が40kmにも満たないぐらいで、
    走るよりも寒さに勝てなかったです。
    冬仕様のジャケット&タイツで防寒しましたが、寒さに完敗です。

    • だるま より:

      こんにちは~。

      行きたくてウズウズしていた念願の三田、行ってまいりました!
      とにかく序盤から「速く走れない&上れない」の足が死にかけ状態だったので、
      それが何より辛かったですね…。
      ただ、そのおかげで150kmを余裕を持って走れたというのもあるんですけど(笑)

      この時期のヒルクライムは「上りは暑いし下りは極寒」。
      もう楽しむ前に修行みたいな感覚になってきますよね…。
      ぼくも次はもう少し暖かい日に走ろうと思っています(笑)

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>