久しぶりのタイヤ交換!「Continental Grand Prix 4000S II」導入!

はじめに

実に久しぶりにロードのタイヤを交換しました。

ここしばらくは、
「Continental Grand Prix 4000S」というタイヤを使っていて、
たぶん6000kmくらいは走ったと思いますが、
ついに先日の「篠山ライド」でパンクをしてしまいました。

CONTINENTAL Grand Prix 4000s

関連記事→ 篠山を目指す185kmロングライド!篠山の峠三昧ライド。

原因は良くあるやつで、
「小さいガラス片が貫通して穴が開いていた」
というものだったんですが、
この程度で穴が開くならもう寿命も近いかと思って、
これを機にタイヤを交換することにしました。

途中で前後ローテーションしてたのもあってか、
インディケーターは前後共にこれくらい。
めっちゃ写真分かりにくいですが、真ん中にある二つのポチポチです。
まだ余裕があるように思えるけど、早めに交換です。

インディケーター

次に買うタイヤについては、
色々と考えるところもあったんですが、
熟考の結果、コイツを導入することにしました!

 

タイヤをコンチからコンチへ!

「コンチからコンチ」の語呂が良すぎてヤバイですね。
吉本新喜劇で辻本茂雄が言う「ユルシテヤッタラドウヤ」くらいの
語呂の良さをヒシヒシと感じますね。
わわわ、話が脱線しました。

新しいタイヤがコチラです!

「Continental Grand Prix 4000S II」

Continental Grand Prix 4000S II

変わっているようで変わっていない!

もう本当に色々考えたんですが、
コイツ以外を選んだら本格的に後悔しそうだったので、
引き続き"4000S"シリーズを使うことにしました。
名前は変わってますが性能に変わりはないようなので、
またしばらくお世話になります。

コンチネンタルからコンチネンタルへ!

 

4000Sを使ってきた印象

ちなみに、先代の4000Sについて。
タイヤのスペック的なところや走行性能とかは、
僕のようなクソホビーライダー野郎には
正直よく分からないっていうのが本音でして、
そもそも同じホイールでタイヤだけポンポン変えないので、
比較が難しいような気がするんですが、どうでしょうか。

ただ日頃乗っていると「パンク耐性」「乗り心地」に関しては、
ある程度、思うところがありました。

 

パンク耐性について

実は今回のパンクは「初パンク」でした。
6000kmほど走って初めてのパンクだったので、
かなりがんばってくれたなぁと思っています。
パンクなんかしなければ良いに決まっているので、
大変よろしい結果を残してくれたと思っています。

他の人のインプレを見てもパンク耐性の評価は高いので、
このタイヤの性格と考えても良いんじゃないでしょうか。

 

乗り心地について

これについては、「硬い」という評判が多いですね。

まず僕がそれほど感受性豊かなお尻ではない前提なんですが、
例えば串本ライドで300km走った時も、
「もうお尻が勘弁欲しいと嘆いている」ような状況にはならなかったし、
普段もそこにストレスを感じることはないですね。

ただ昔に「Veloflex Master」から変えたときは、
ちょっと硬いと思ったことがありましたが、
すぐに慣れちゃいました。

ちなみに普段の空気圧は7.5bar~8barくらいで乗ることが多くて、
8.5barキッチキチに入れることはないので、
その辺も影響しているのかも…

この辺りは、人によって好き好きが
かなり出てくる部分なのかもしれないですね。

グリップ性能は?とかいう感想も書きたいけど、
正直そんなに攻めた走り方をしないので分からないのです。
ただ「ダウンヒルでスリップしかけたけど耐えた」
みたいなことは何度もあったので、
これはタイヤのおかげなんだと思っています。

タイヤは自転車の足元なので、

自転車を信頼して走る

という前提を作るためには、
やっぱり信頼できるタイヤを使いたいなぁと思って、
新しいタイヤを試すのをやめちゃったのでした…。

 

パナレーサーを買ったけど…

実は「Panaracer "RACE A Evo2"」をストックで買っていたんですが
タイヤを換えようと思う度に

やっぱりGrand Prix 4000Sを離れたくない!

と思うようになってしまったので、
パナさんは別ホイール"Pro-Lite bracciano"に
履いてもらうようにしました。

ニューホイール装備

新しいタイヤを試してみたいという欲求はあるので、
これはこれで良い組み合わせになったと思ってたりします。
パナのコストパフォーマンスに期待です。

タイヤは結構見た目の印象も変わったりするし、
それこそ乗り味も変わってくるアイテムなので、
いろいろと試してみるのもおもしろそうですね。
とか言いつつお気に入りのタイヤに変えてしまったという、
どうでもよい話でしたー。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>