[ロードバイク] 完成車のサドルを”Ritchey Pro Streem V2″に交換!

完成車についていた"Prologo Kappa EVO"のサドルを
早速交換しました!

「サドルを白色に変えたかった」という
どうしようもなさすぎる動機です。

新サドルはコチラ!
"Ritchey Pro Streem V2"

Ritchey Pro Streem V2

同じPrologoのサドルへ変えようかと思いましたが、
このタイプのサドルで白色のものを探していると、
結構お値段のするものが多く、ホワイトサドル探しは難攻…。

いろいろ探し回っている中で、
この「白いサドルでデザインもシンプル!」という
変哲のなさそうなRitcheyのサドルを見つけて、交換するに至りました。

Ritcheyのサドルはシンプル


完成車デフォルトの"Prologo Kappa EVO"と比較してみると、
フォルムはほとんど同じような感じ。

新旧サドル比較

例のごとく重さに言及しとくと、
公式重量は、Ritcheyは210g、そしてPrologoは268g。
計らずとも今回も軽量化になりました。


早速交換してみました。
サドルの交換だけで、黒々とした見た目がだいぶ明るくなりました!
いやぁ、やっと自分の自転車という感じがしてきましたね。

before
完成車仕様のprologo kappa evo

after
交換完了!

 

跨いでみた感じは、
"Prologo Kappa EVO"がかなりコンフォートタイプなので、
比べるとクッション性では劣りますが、
ちょっとレーシーな雰囲気が増したので、これはこれで良いですね。
ロングライドで、どんな感じになるのか楽しみです。

ちなみに"Raleigh Carlton N"の完成車についていたサドルも
Ritcheyのサドルでしたが、それよりはだいぶ良い感じですね。
 



サドル交換をしてみてハッキリと分かったんですが、
「黒い自転車でサドルだけ白」というのは、かなりの違和感があります。
これはやはり「バーテープも替えないといけない」ですね…
とか言いながらちゃんと手元に用意してあるので、
それについてはまた後日書きますw


ブログにこんなことを書くのもアレなんですが、
ちょっと色々ありまして、仕事に対するストレスがどえらいので、
今週、一日だけ有休をとりました。
貴重な有休に何をするかというと、
まさかの「近所をブラブラ自転車に乗る」というだけの贅沢使いの予定。
六甲山にでも行ってみようかと、今からほくそ笑んでおります。
最強の息抜きです。

昔、15歳ほど離れた知人が残した名言に
「サラリーマンはねぇ、会社の犬なんだよ。」というものがありました。
当時新卒のぼくは、あまりの生々しい言葉に驚愕しましたが、
ホワイティ梅田で串カツを片手に聞いたのを鮮明に覚えていますよ。
あ、話がナイル川のように蛇行してしまいました…


気がつけば1ヶ月。
猛暑だ酷暑だを理由に、8月は全然自転車に乗れてませんでした。
(数回ローラー台を回しただけ…)
この欲求、六甲山に満たしてもらうぞぅ!

サドルということで、今回はこの曲を捧げます。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>