[ロードバイク] チェーンとスプロケットもULTEGRAに換装!

先日ツーリングの後に、スプロケットとチェーンを交換しました。

"約3000kmは走ったので、そろそろ消耗しているかも"というのと、
"興味本位で換えてみたい"という理由からです。
いや、ほとんど後者かもしれないw


チェーンはストックしてあった"Shimano ULTEGRA CN-6701"
Shimano - Ultegra 6701 10 Speed Chain


スプロケットは"Shimano ULTEGRA CS-6700"を購入。
ULTEGRA CS-6700

リアディレイラーが28T対応なので"12-28T"も視野に入れていたのですが、
なんとなく、"坂を登れなかったときの言い訳"も残したくて
今と同じ"11-25T"にしときました。

今回も11-25T仕様で


ちなみに、
リアディレイラーはデフォルト仕様の"Shimano 105 RD-5700"
フロントディレイラー同じくで"Shimano TIAGRA FD-4600"

ぼくの愛車は「コンポ3世代共存」という形になります。
TIAGRA – 105 – ULTEGRA。
シマノ3兄弟仲良くしてください。


さっそくスプロケットを箱から取り出す。

質感が良い具合

当たり前やけど、持った感じで分かるくらい、"TIAGRA CS-4600"よりも軽い。
カタログ値で100g以上差があるらしいです。

マットな質感のある表面加工の仕上げもかなりええ感じで、
高級感も薫ってまいります。
さすがアルテグラ。


"TIAGRA CS-4600"との違いとしてもう一つ。
"CS-6700"はロー側の3枚以外はバラバラになるのです。
順番が分からんようになってしまったらどないしよう。

かなりバラけます

後、スペーサーが付いていて、
10速専用のホイール以外では、これを使用
するようになってます。

 


そしてチェーン"ULTEGRA CN-6701"。
新品のチェーンの光沢は良いですね。
すぐに真っ黒になってしまうので、最初で最後の輝きw

ULTEGRA CN-6701

長さを調整するために、今使用しているチェーンを外して、
同じ数のリンク数に合わせて取り付けます。
今回も便利アイテム"ミッシングリンク"を着用。
(参照⇒ チェーンにKMCミッシングリンクをつけてみた。

 

後はタイヤを外し、スプロケを交換して、
チェーンをはめて、ディレイラーを調整して…。
ほんでこんな感じで交換終了!

P5190206
新品の自転車みたい!

 

ちなみに、今回アホな失敗をしまして、
ホイール"WH-6700"にスプロケ"CS-6700"を取り付ける際は
「付属スペーサーが必要」です。

(WH-6700は8/9/10速に対応しているので…)

今回、あろうことかスペーサーなしで取り付けてしまい…

→スプロケ取り付け完了!
→チェーンも取り付け。
→変速調整するけど、なぜか全然決まれへん
→部屋を見渡すとスペーサーが。
→またチェーンとスプロケ外して最初から付け直し

という、ホントにあほんだらな失敗をしてしまったのでした。
注意せんとあきませんね~。

 

まだ実走はできていないのですが、
変速も前よりもしっかり決まるようになったので、
交換してよかったかなと。

チェーンものびるし、スプロケも磨耗するし、
やはり消耗品は定期的に換えないとあきませんね。
次はケーブル類も…

 

 

by カエレバ

 

by カエレバ

 

by カエレバ

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>