[ロードバイク] スプロケのロックリングを「TOKEN “AlLockRing”」へ換装!

先日、スプロケットを"11-25Tから12-27T"へ交換した際に、
「なぜかロックリングがハマらない」という
本当によく分からない問題が起きていました。
(関連記事→ スプロケットを11-25Tから"12-27T"へ!

なぜか"11T用のロックリング"は普通にはまる状態だったので、
とりあえず応急処置的に11T用をはめていたんですが、
公式には互換性のない部品なこともあり、ちょっと不安があったので、
それの解決策として、今回このサードパーティパーツを装着してみました。

「トーケン ロックリング "AlLockRing"TK042」

TOKEN AlLockRing

サードパーティ製のスプロケのロックリング。
軽量パーツ・オシャレカスタムパーツという感じだと思いますが、
今回は"純正で締められないネジを締めるためにサードパーティを買う"という
意味不明なことになってしまいました。

しかしTOKENのパーツはなかなかええ感じの外観です。
トンガリコーンのように指にしばらくはめていたい。

シマノ12T用

 

純正品との比較

"比較"と言っても見た目の比較。
TOKENのほうは若干中心部が盛り上がっていて、
少し立体的なフォルムなので、余計にかっこよく見えますね。

純正との比較

ロゴ

今回の重要なポイント「ネジの長さ」については、
見てすぐに分かるほどに違いました。

純正よりネジが長い

しかし純正品と、それに伴うサードパーティ製なので、
ネジなどの長さも同じかと思いきや、結構な違いがあるんですね。
材質も違うようなので、そのあたりの問題なのかな…

 

早速取り付けてみました

問題のスプロケに装着してみたところ、
ネジもしっかりとハマり、無事に装着できました!

こんな感じになりました

きちんとトルクもかかるし、しっかりとロックできているようなので、
とりあえずは大丈夫そうです。

上の写真だと結構目立ってしまいますが、
普段の自転車に着けた状態にすると、チラっと見えるだけなので、
ちょっとしたアクセントになって良いかもしれないです。

装着時はこんな感じ

しかし、今回は「純正でキチンとロックできない」という
あんまり喜ばしくない状態を、なんとかサードパーティでしのいだ形。

もちろん"自己責任"ってやつになるので、他人様にはオススメはしないですが、
こーゆー抜け道もあるんだな、という感じです。
しばらくスプロケの異音なんかには、十分に注意して走りたいと思っています。
…まぁ、大丈夫やと思うけど。

 

スポンサーリンク

2 Responses

  1. Medaka より:

    前記事も読みましたが純正パーツが嵌らないってい不思議ですね(汗)
    それから僕はカンパ使いですがサードパーティ物の薄い緩み止めのワッシャの入ってないタイプを使った事がありますが緩んでばかりするので外してしまいました。

    TOKEN製がどうかは分かりませんが時々緩んでいないかチェックしたほうが良いですよ~

    • だるま より:

      ホイールもシマノですし、スペック的にも対応しているのに、
      全然ダメっていうのは、本当に不思議なんですよね…。

      Medakaさんのように”サードパーティのロックリングは緩む”という評判がとても多いので、
      要注意で経過を見ていこうと思っています。
      アドバイスありがとうございます。

      そんなこんなで、見た目の美しいカンパへの憧れは膨れ上がるばかりです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>