ロードバイクのライド用にピッタリのコインケース!「CHUMS エコキーコインケース」

名刺入れ"do-mo"から乗り換え

以前、春夏の汗をかくシーズン向けに購入した
シリコンがまぐち名刺入れの「do-mo」。
(関連記事→ ツーリング時のお財布に最適!? 「シリコンがまぐち"do-mo"」

DO-MO

少し中身が出しづらい欠点はあったものの、
シンプルかつ、背面ポケットに入れるには絶妙なサイズで、
しっかりと活躍をしてくれました。

ただ秋冬のウインドブレーカーが必要な季節になると、
その収納スペースの関係で、背中のポケットが飽和状態になってしまい、
荷物整理を考えざるを得なくなったので、
この度、「ツーリング用コインケースの見直し」をしたというワケです。

そして巡り合ったのが、
この"チャムス"のキーコインケースだったのです!

 

CHUMS Eco Key Coin Case

CHUMS エコキーコインケース

チャムスならではのシンプルさ。

CHUMS

チャムスのロゴ

ちなみに、なぜこんなマゼンダを買ったのかというと、
在庫がこれしか置いてなかったからなんですね~。
他にもオシャレな色がいっぱいあります!
…残念ながら。

豊富なカラバリ

 

優れた収納スペース!

オシャレなだけじゃなくて、こいつ結構収納がええ感じなんです。
その収納の妙とは…。

手前の大きいポケットは小銭を入れるポケット。

小銭入れ部分

そして背面のセル付きのポケットにはお札を入れることができます。
保険証のコピーとかを入れる人もいるみたいですね。
お札と小銭を分けて収納できるのはポイント高いですね。

背面は札入れとして

お札は三つ折りにしてちょうどキッチリ入るくらいの大きさでした。

ちょうどいい収納サイズ

そしてそして、商品名の"キーコインケース"という名の通り、
表にキーリングが付いているので、カギも収納できるのです。

カギも付けられる!

自転車のカギなんかぶら下げといても良いですね。
小銭、お札、鍵などを「別々に収納できる」のですから、本当に便利。

 

丈夫なコーデュラ素材!

このコインケースはあのスウェット生地ではなくて、
とても丈夫なコーデュラを使ったもの。

コーデュラ

"普通のナイロンに比べても丈夫で耐水性も高い素材"と言われていますが、
夏場の背中ポケットは滝のように汗が流れる修行の場。
そこそこは耐えてくれることは間違いはないと思いますが、
実際に使ってみないと、少し不安が残る部分かなぁ…。
(↑なんか情報あったら教えてください)

まぁ夏場はdo-moを使うという手もあるし、
この辺は適当に対応していこうと思います。

ちなみに。
小銭入れとしての収納力は十分なのに、サイズは絶妙にコンパクト。

サイズ比較

右からiPhone5、do-mo、チャムス。
自転車用コインケースなのではと思えてくるくらいのスペック。

 

買ってよかったコインケース

というわけで、
まだ数回しか実用できていないですが、
お気に入りのコインケースとなりました。
かなり自転車と相性の良いコインケースではないかと思います。
収納場所が分かれるっていうのは、実用性もグンとあがるし、
カギを一緒に収納できるってところでも、
ずっとバラバラに持っていたキーケースとコインケースを
まとめることができたので、個人的には結構うれしい仕様でした。

でも価格を見ると、思うのでした。
「チャムスブランドは要らないから、もっと安くしてくれ!」と…。
 

スポンサーリンク

2 Responses

  1. mstarr53 より:

    こんにちわ。

    チャムスいいですね!
    こういうの探してたんですよね~
    今までは普段使ってる小銭入れと名刺入れみたいので
    やり過ごしていたんですが、なかなかいいのがなくて。

    もう少し収納力が欲しいので
    一回り大きい、エコカードウォレットてやつを買ってみました。

    情報ありがとうございます!

    • だるま より:

      お久しぶりです。

      意外としっくり来る入れ物とかないもんですよね。
      ぼくもまさかチャムスのコインケースが
      自転車用途にピッタリとは思いませんでした(笑)

      エコカードウォレットもよさそうですね!
      お互い長く使えると良いですね~。
       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>