ロードバイクのボトムブラケット(BB)を”SM-BB7900″に交換!

先日、ボトムブラケットが交換したくなる衝動にかられ、
Dura AceのSM-BB7900を購入。
そして交換しようとしたら…固すぎてムリっ!!

となってしまった、
ほんとにしょうもないことになってしまった話を
このブログでも恥じることなく公開しました。
(→ ロードバイクのBB(ボトムブラケット)の交換断念!

しかし、今回とうとうそのリベンジの時がきました!

 

前回と同じ過ちをしないためにも、
今回はスペシャル工具を二つ導入しました。

ひとつは先日も書いたBB取付け工具"SHIMANO TL-FC33"。
BB取付工具TL-FC33

TL-FC33のオモテ
(→ BB(ボトムブラケット)取付け工具"SHIMANO TL-FC33"購入

 

そしてもうひとつは1/2"(12.7mm)のソケットレンチ。
1/2"(12.7mm)のソケットレンチ

確かコー●ンブランドの一流品だぜー。
持ち手が30cmあるので、テコの原理に有利だぜー。

 

「これを二つ使えば、外れないことは無いはず!」
新兵器に胸が高鳴りまくります。

ソケットレンチ+TL-FC33

 

まずチェーン、クランクを取り外してから戦いは始まります。
(それがめんどくさいからなかなか手をつけなかったんですが…)

TL-FC33をBBにはめこんで、ソケットレンチで回します。

TL-FC33はこんな感じで使う

 

力を入れると…取れたー!!!
しかし片方外れたけど、もう片っぽが外れん!

自転車を立てて、ソケットレンチを足で踏んで、
アホみたいに力を入れて「ウリャー!」とやったら、
なんとかもう一個も外れました!!!

苦労させられた先代のBBくん。
長い間ありがとう。
無事に外れたBB

 

さてさて、こうなったら後は新しいのを付けるだけです。
わが自転車にも、はじめて「Dura Ace」が付きます。

デュラエースのBB

開けたらこんな感じで入ってました。
SM-BB7900

 

後は、黄金コンビ「ソケットレンチ+TL-FC33」で装着するだけ!
グリスなど、しっかり忘れずに貼付して装着完了!

BB交換完了!
 

なんと神々しい! (その前に自転車が汚すぎるやん…)
というわけで、無事にBB交換が完了しました!

ぼくはアホなのでトルクレンチなしで作業していますが、
世の中の良い子さんは、しっかり指定のトルクで締めましょうね。
 

ということで、念願の交換が無事にできました!
次に走るのは来週かな?実走が楽しみ!

 

 

by カエレバ

 

by カエレバ

 

by カエレバ

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>