ロードバイクのパンク対策グッズを見直す「”PARKTOOL TR-1″&”TB-2″」を購入!

ここ何回かツーリングの度にパンクをやらかしているので、
ここいらで対策グッズを見直そうと、
いくつか新しいものを導入してみることにしました!

林道の入り口でパンク修理
↑先日の篠山でのパンク。チューブ交換でなんとかなりました…


ちなみに今までは、
・ タイヤレバー
・ 携帯ポンプ
・ 予備チューブ一本

コレだけ!
あまりにも潔い装備でした…

携帯ポンプでは頼りない…
↑三田でパンク。携帯ポンプで格闘!

 

もちろんチューブがひとつだけだと、失敗は許されないし、
何よりセカンドパンクが起きたらどうするのか。
こないだ携帯の電波が入らない林道でパンクしたときも、
まさに背水の陣で、ビクビクしながらチューブ交換をしてました。
もっと装備強化せねば、いつかやられてしまう!

ということで、
タイヤを買うついでに、いろいろ買いました。

 

"PARKTOOL TR-1"

Parktool TR-1

タイヤレバーとパッチ"Super Patch"のセット。

最近のパッチは糊も要らないらしい!(←今さら)
ずっと使っていたシュワルベのタイヤレバーもかなりヘタってきたので、
タイヤレバーとのセットを購入。

中身はこの二つ

シュワルベと比較すると、かなり形状が違います。

この後、タイヤ交換でパークツールのタイヤレバーを使いましたが、
シュワルベに比べて最初の引っ掛かりがしやすくて、
個人的にはシュワルベより使いやすかったです。

タイヤレバー比較

ちなみにシュワルベのタイヤレバーはボロボロです。
写真に撮ると、キレイに見えますがw

シュワルベのタイヤレバーはボロボロ


そしてもうひとつは、これ。

"PARKTOOL TB-2"

PARKTOOL TB-2

タイヤがバースト、サイドカットなんかでやられたら
タイヤ損傷部分に裏側から貼り付けて、応急処置を施すという優れもの。

パッチは3枚入り

"使用済みタイヤとガムテープ"や"新聞紙"と、やってることは同様の対処法ですが、
専用品があったので、買ってみました。
このペラペラの一枚で、タイヤの穴が防げるんですね…

フィルム状のパッチ

 

まぁ、半分お守りみたいなものなんですが、
用心するに越したことはありませんね。
というわけで、あんまり活躍して欲しくない対策グッズです。

これでタイヤ周りは安心!?

 

 

対策グッズも重要ですが、疑わしき要因を取り除くのも対策のひとつ。
前述してますが、摩耗したタイヤも交換することにしました!
(詳しいことは後日…)


実は、来週に小豆島ツーリングの予定があるので、
そのためにもいろいろ準備しとかないとー!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>