ロードバイクのチェーンをデュラエースへ!「Dura Ace 7901 10s」へ換装!

はじめに

7月頃「若狭路センチュリーライド」参加のために、
プロショップで自転車の簡易点検をしてもらった時、
「もうチェーンを換えたほうが良いね。」という診断をもらいました。

そのまま、そんなこんながありまして、
8月からほとんど自転車に乗れていないという
"不本意すぎる"近況なんですが、
「愛車はちゃんと整備せなあかん!」ということで、
とりあえず目下の問題点、チェーンを換えることにしました。
乗れないストレスは、イジりながら解消するのが常套句だ!

 

チェーンの交換時期は?

今使用しているチェーンは「ULTEGRA CN-6701」
過去の記事を読んでみると、2013年5月に換えたということが判明。
2年以上もつけてるよ!

関連記事:チェーンとスプロケットもULTEGRAに換装!

チェーン交換の目安はだいたい5,000kmとか言われていますが
恥ずかしながら、ぼくは年間2,500km~3,000kmくらいしか走れてないので、
今回の交換時期も妥当な換え時なのかもしれません。
(チェーンチェッカーなる工具を使えば分かるんですが、
 持ち合わせていないので、詳しい状態は分かりません…)

「チェーンを換える際は、一緒にスプロケットも交換」
というのが一番理想だとは思いますが、
途中でスプロケットを別のものに交換したりしている上に、
経済的にも困窮極まりないので、今回はチェーンのみの交換にしました。

使い込んだアルテグラのチェーン

 

チェーンを取り外してみる

早速、装着しているチェーンを外してみることにしました。
ワンタッチでチェーンの着脱ができる「ミッシングリンク」を付けているので、
チェーンを外すのは楽チン!なんですが、
意外とこのミッシングリンクが外れにくいときがあるので、
今回はこのために新工具を導入いたしました!

ミッシングリンク外し

なんと!
"ミッシングリングを外すためだけの工具"です。
アホらしい気もしますが、あると便利な逸品です。

ミッシングリンクを挟んで、ペンチで挟むようにオリャってやります。

ミッシングリンクを外す

まぁ不思議。
手を汚さずして、簡単にベーンと外れてくれました。
わー便利。

簡単に外れました!

外したチェーンを新聞紙の上に広げて、
新しいチェーンも同じ長さで使うために、
リンク数を数えてメモしておきました。

IMG_2595

こないだクランクを換えたときにチェーンを外しましたが、
ぼくは日頃あまりチェーンの着脱はしないので、
こういった機会に、普段掃除しにくい場所をピカピカに。
外すのがめんどくさいので、スプロケットは付けたままお掃除。
意外と綺麗にできた。

スプロケを掃除

これで後はチェーンを付けるだけですね!

 

チェーンの取り付け

早速、新品のチェーンを準備。
もうすでに廃盤になっている名チェーン「Dura Ace 7901 10スピード」

"Dura Ace 7901 10スピード"

"Dura Ace 7901 10スピード"

琴線に触れる「デュラエース」の響き…たまらん。
今は廃盤になってしまったみたいなんですが、
これは以前に1つ買ってあったもの。

まずはチェーンを適正な長さでカット。
リンクの数は前のチェーンと同じ長さで切ります。
そしてギアにチェーンをかけていって、ミッシングリンクでつなぐだけ。
ミッシングリンクも新しいものにしようかと思いましたが、
ついこないだ換えたところなので、今回はそのまま使っちゃいます。
というわけで、無事に装着が完了!

IMG_2598

チェーンにはサビ防止の油?が添加されているらしく、ベトベトします。
まずはこれを洗い流して、いつものチェーンルブをつけたら作業終了。

チェーンルブを添加しなおす

掃除もしてチェーンも新しくなると、ギア周りが少しスッキリとした印象に。
やっぱり1000kmに一回くらいは、
しっかりと掃除したほうが気分的に良いのかも。

作業完了!

 

おわりに

後日、30kmほど淀川の河川敷を走りましたが、
チェーンの音が交換前とは違い、とても穏やか。
トルクを掛けると気持ちの良い音鳴りがして、
性能的に云々なんてことは全然わかりませんが、
交換して一番体感できたのは音でした。

チェーン

この静かなチェーンの感触が
デュラエースだからなのか、それともチェーンが新品だからなのかは、
正直ちょっと分からない(新品の感触を覚えてない)ので、
また時間経過で分かればいいなと思っています。

新しいチェーンの感触を

消耗品でも、スプロケとかチェーンとかのギア周りは、
交換すると走行時に体感できる部分が大きいので、
なかなかおもしろいですね。

チェーンとかスプロケとかをイジっていると、
ディレイラーも換えたくなる誘惑が…

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>