リアライトにもオススメ!「GENTOS LEDセーフティバンド AX-830RD」購入!

はじめに

最近、ロードバイクの装備について見直しておりまして、
フロントライト、ちょっと大きめサドルバッグなどなど、
ぼちぼちと体制を整えております。

関連記事→ ちょっと大きめのサドルバッグ LEZYNE "XL CADDY"購入
関連記事→ 最大1100ルーメンのライト!「XTAR B20 Pilot II」購入!

他にもサイクルウェア、輪行バッグなどと、
バカみたいに買いまくっているんですが、
それだけ今、自転車熱が高まっております。
そしてわずかなボーナスに身をゆだねております。
(なんせ11月は一度も乗れていない…!)

そんなこんなで、先日。
気がふれたように自転車事故の記事を読みふけっていたら、
「もっと自衛せねば!」という意識が無駄に高まってきてしまい、
リアライトを強化することにしました。

今、メインのリアライトは、
「Moon Crescent」というライトを使用していて、
全くの不満もない信頼の厚いやつなので問題ないんですが、
ちょっとこれだけだと不安な場面もあるかもしれない。
事故の記事を読みすぎて、過敏になっている僕は、
ヘルメットへもライトを装着することにしたのであります。

ダブルライト体制に
↑細長いのがムーンさん。

関連記事→ 「Moon Crescent Rear Light」を購入!

 

便利なバンドタイプライトを購入!

とは言いつつも。
スタイル的にも基本的には日中走ることがほとんどなので、
難しく考えずに、簡単なライトを探していたところ、
少し変わったバンドタイプのライトを発見!
早速購入をしてみたのでございます。

「GENTOS LEDセーフティバンド AX-830RD」

IMG_3388

少し珍しい形状のバンド状ライト。
手足に巻いて体に装着できるというのが最大の特徴。

装着イメージ

スペックはこんな感じ。

  • 防滴仕様(IPX4)
  • オペレーション:ON>点滅
  • 使用電池:リチウムボタン電池CR2032×2個
  • 実用点灯(約):70h>100h
  • 本体サイズ(約):L182×W35mm
  • 本体質量(約):35g

ちなみに、色はほかに何種類かあったりするんですが、
今回は用途が決まっているので、無論「赤色」を選択。

ライト本体とそれを装着するバンド。

ライト部分とバンド

GENTOS

スイッチは大きくて非常に押しやすいですね。
「一回で点灯、二回目で点滅、三回目でオフ」でした。

スイッチ部分

スイッチを入れると、本体部分がピカっと光りまして、
なかなか頼もしい感じです。
光の強さとしては、そこまで明るい部類ではないですが、
装着するであろう環境(夜半)だと、しっかりと役目をはたしてくれると思います。

全体が光る

ゴムバンドを装着すると、こんな感じになります。
元々、腕や足首なんかに付けるのを想定しているので、
バンドの長さはそれほど調整幅はないですね。

まだ試してないですが、
マジックテープで装着するとよりフレキシブルに活用できそう。

バンド装着してみた

しかし、このライトが1000円くらいで手に入るんだから、
コストパフォーマンスはかなりのもの。

 

ヘルメットに装着してみる

さて。
今回、自転車での運用と言うことで、
体には身に付けず、ヘルメットに付けてみました。

自転車用のヘルメットは穴が沢山あいているので、
こういうものは非常に取り付けやすいはずなんですが、
なかなかええ塩梅の穴が見つからない。
なんとか収まりの良い部分を見つけて、ようやく装着完了。

ヘルメットに収まりました

どうでしょうか。
なんか近未来的な部分も感じますが、あんまりかっこよくはないな…。

まぁ腕に巻きつけて光らせるのも良いですし、
ズボンのすそ止めバンドの代わりに使うとか。
これは使い方次第でいろいろできそうな、
おもしろいライトだなぁと思いますね。

 

夜間ランナーにオススメしたい

夜に街灯も少ないところを
ランニングしている人を見かけることがありますが、
反射材の付いた服を着ている人はいますが、
ライトを付けている人はほとんど見たことがないです。

暗い道を無灯火で走るバカ自転車も大変多いので、
自衛という部分でも、ぜひ自分から光ってもらいたい。
こーゆー身に着けやすいライトは、
ランニングやウォーキングの人にオススメしたいですね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>