[ライブレポ] SAKURA with special funk band@BBL Osaka 2015.3.7.

はじめに

日本が誇るR&B/SOULシンガーのSAKURA。
最近ではウクレレやギター弾き語りなど、
落ち着いたサウンドでのライブ活動が多く、
「またバンドでライブしないのかな…」と、こまめに情報をチェックしていたら、
ようやくその念願の「バンド編成でのライブ」
アナウンスされていたので、早速見に行ってまいりました!

SAKURA with special funk band@Billboard Live Osaka

バンクバンドは"Fire Attack"?

今回はSAKURAのオリジナルバンドではなく、
"Fire Attack"というバンドでバックを支えるらしい。
当日の布陣はこんな感じ。

SAKURA(vo)
渡辺ファイアー(sax)
松尾ひろよし(g)
大久保治信(key)
村上広樹(dr)
石川俊介(b)

堅実にバックを務めるメンバーでのサウンドは楽しみ。
ベーシストが聖飢魔II「ゼノン石川」こと石川俊介
担当しているというのは、個人的には勝手にポイント高かったです。

当日のメンバー

 

セットリスト

SAKURA with special funk band@Billboard Live Osaka
2015.3.7[Sat] /1st Stage

01. Let's Go Dancing
02. So Free
03. Buddy to Boo
04. Lavender Blue Sky
05. コエヲキカセテ
06. Oh I…
07. 街の灯り
08. 君のために
09. Sista Sista

– Encore –
10. Bye Bye Baby
11. If You Love Me
12. I Believe

 

諸々のこと

まず触れておきたい"セットリスト"。
ヒット曲中心のラインナップでめちゃめちゃ楽しめました。
バラード、ミドルナンバー、アップナンバーと、
いろいろな楽曲が楽しめる贅沢なセットリスト。

MCでも言っていたけど、
SAKURAの楽曲、「特に初期の曲はバンドサウンドにこだわった」
ということで、「生バンドサウンド」が似合う曲が多い。
ライブになると、それがこの上ない形で体感できる。

弾き語りなんかも良かったんだけど、
名曲「コエヲキカセテ」「君のために」なんかを
生バンドでやられると、心揺れずにいられないものがありました。
CMで流れているカバーソング「街の灯り」もとても良かった。

DISCOサウンドが根っこにあるということもあって、
各曲には"SOUL"や"FUNK"を感じるものが多くて、
ボーカルはもちろん、バンドの醍醐味が詰まっていたなと感じました。

今回は一回きりのスペシャル編成だったのかもしれないけど、
正直なところ、まだまだ良くなるような気がするので
なんとか長く続けてもらいたい。
EXILEの裏方も良いけど、もっと第一線で頑張ってほしいですね。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>