ブランク明けはヒルクライム!?大阪から迷走して五月山へ登る!

はじめに

前回、ロードバイクで駆けたのが大昔に思える。
結局またまた乗れていなかった自転車だったんですが、
ようやく時間が作れたので、久しぶりのツーリングへ出かけました。
よく考えると40日ぶりくらいの出動。
あまりにも乗れてなさすぎる。

ちなみに走りたいコース案は二つありました。

1、京都・嵐山~亀岡コース

大阪市内から淀川・桂川沿いを走り嵐山へ。
そこから保津峡・水尾を越えて亀岡に抜けるやつ。

参考:「大阪~亀岡~猪名川」二府一県ぐるっとツーリング!

2、五月山~大山崎コース

大阪市内から川沿いで川西へ出て五月山を登り、
勝尾寺ね抜けてR43を走り見山へ。
R733~R6~R79~淀川で大阪へ帰還。

この日は、夕方にビルボードへライブを見に行くことになっていたので、
2番の「五月山~大山崎コース」で行けるところまで走ってみることにしました。

 

川沿いを避けて五月山へ!

1か月以上乗っていないとすべてが新鮮に感じます。
ロードバイクに乗って走りだすと、
早くも"あの加速度"にテンションがあがってきます。

いつもの城北公園から川西方面へ向けてスタート。

P8220098

淀川を渡り、神崎川沿いの道へ入って走っていきます。
さすがに見飽きたこの景色。

P8220100

阪急神崎川駅付近に到着。

P8220101

いつもならこの辺りから猪名川沿いへ入るのですが、
なんだかいつも通りなのも面白くない!と思ってしまい、
適当に曲がって一般道へ出てみました。

無計画に走ると大概良いことはないんですが、
もちろん今回も例外ではなく…。
繰り返しても学ばないのがチャームポイントなんだ。

というわけで、
土地勘も方向感覚もない分際で適当に走っても良いワケがなく、
結局ウロウロしまくった末に、R176へ出てしまう始末。

でも大阪から北摂に向かうには、最短ルートに近いR176。
「まぁこれもありか。」と思いながら、そのまま川西方面へ北上
途中までは比較的走りやすい道なのですが、
気がつけば1車線になり、路駐は増え、そして道は狭くなり…。
蛍池の辺りで走りにくさはピークに達します。
もう泣きながらR176を走るハメになったのでした…。
我ながらポンコツすぎた。

R176で川西の辺りまで出てくると、五月山はすぐ。
五月山公園の入り口までやってくると、久しぶりのワクワク感が止まりません。

P8220102

 

五月山を登る!!

料金所のゲートを抜けて、いよいよ五月山ヒルクライム!

P8220103

序盤の激坂区間を快走!…したかった。

頭の中の自分と、今の自分が全然違う。
要は「思ってたより足が動きません状態」だったのです。
ブランク、恐るべし!

P8220104

流れるはずの景色も、さほど流れることもなく。
なんとか「秀望台」へ到着。
とりあえず一回降りて休憩しちゃう。

P8220105

あんまり秀望台で立ち止まったことがないので、
今さらながら眺めの良さにビックリしてしまいました。

P8220107

天気が良ければ!と思わざるを得ない曇り空。

P8220106

まぁ久しぶりだからこんなもんである。
いや、元からヒョロヒョロだから、これでも十分だ。
さぁ、続きを登ろう!

 

五月山にヤラレタ。

秀望台から再スタートを切ったんですが、
もう驚くほどに息が上がり、脚が回らない状態…。

P8220108

途中でテクテク歩いているおっちゃんとデットヒートを繰り広げるという、
スーパースローペースでの登坂術を惜しげもなく披露。
もう限界だー。

P8220109

なんとか厳しい区間を切り抜け、
ようやくいつもの休憩スポット、「日の丸展望台」へ到着。

P8220110

P8220111

この展望台は木が邪魔して、あんまり眺めがよくない。
塔の上まで登っても、あんまりだった記憶がある。

自販機の横から、植木の隙間の景色を見ていると、
なんだか相当に雲行きが怪しい。
「一雨降るかもしれないなぁ…」

P8220113

なんだか「今日はもういいや。」という気持ちが小さく出てくると、
休んでいる間にそれがたまらなく大きくなってきてしまって、
「今日はこのくらいにしといたろう。」と池乃めだか風に思ったのでした。
たまには色々とあかん日もあるさ。

天気が悪かったから帰ることにしたという表向きの言い訳もある。
よっしゃ、帰ろ!

 

帰りは大日経由で!

帰ると決めたら早いもの。
五月山のダウンヒルなんてあっという間だもの。
こないだ怖かったブレーキも、ULTEGRAに換えたことで不安は薄らぎました。
猪名川CRへと降りてきました。

P8220115

ここからは猪名川沿いを南下して大阪方面へ。
向かう先には、どぎつい雨雲が待ち受けています。
ツバメが低空飛行をしています。
不安です。

P8220116

伊丹の辺りで、また懲りずに一般道を走ってみました。
そしてまたR176へ出てしまうということをしてしまい、
結局R176で豊中の辺りから十三まで南下することに。

十三あたりで雨が降り出したので、神崎川にかかる橋の下で雨宿り。
幸い通り雨だったのですぐに止んでくれました。

P8220117

いつもは神崎川を走って下新庄辺りで淀川方面へ向かうんですが、
今回はそのまま川沿いを走って、
大日付近の淀川への合流地点まで走ることにしました。
たまにはちょっとした遠回り。

P8220118

遠い昔に一度だけ走ったことのある道。
雨も上がってええ感じです。
しかし久しぶりに走る道は新鮮です。

P8220119

神崎川CRの終着点を上がると、目の前はヨドリバー。

P8220120

いつも走るほうとは反対側の土手へあがり、
そのまま川沿いの道を南下して行きます。

P8220121

なんだかガランとしている淀川CR。
最後の最後で強烈な向かい風が吹いてやがりました。

P8220122

菅原城北大橋、通称"100円橋"(今は無料やけど)を越えると城北公園。
なんとか帰って来れてよかった~。

P8220123

100kmには全然届かない短い距離でしたが、
やたらに疲れてしまったツーリングでした。
いやいや、これはこれで良い思い出に。

 

おわりに

北摂方面へ行くときは、川沿いのCRを多用して、
淀川→神崎川→猪名川と走るのが常套句だったんですが、
今回はそのマンネリを脱却しようと思って、
一般道を駆使しようかとがんばって走りましたがダメでした。
結局「川沿いの道が一番平和」ですね。
やっぱり狭い道と信号はストレス。車にとってもストレス。

最近ロードバイクに乗る度に全然パっとしないんですが、
今回のパっとしない感じは抜群でした。
まぁでもこういうときもありますよね。

今回ひとつも走れなかった「五月山~大山崎コース」は、
近いうちのリベンジ課題としたいと思います!
そろそろ夏の終わりも感じる今日この頃。
秋には150kmの黒豆ショッピングが待っているので、
それまでに徐々に体を戻していきたいなぁ。

 

ちなみに。
ビルボードで見たバーナードパーディのライブはイマイチだったなぁ。
前に見たチャックレイニーとのバンドのライブは最高だったのになぁ…。

バーナードパーディ来日公演

 

距離:66.46 km
平均速度:21.2 kph
カロリー:1,713 C
時間:3:08:02
高度上昇:462 m
平均気温:32.6 °C


スポンサーリンク

3 Responses

  1. Medaka より:

    神崎川辺りで迷われた場所は僕の育った土地だったので案内できましたのに(笑)
    しばらく乗らないと体力は落ちますねぇ ちょっと乗れば戻るのもすぐですけど、なかなか速くは成れないのがチャリ遊びですね(汗)

    • だるま より:

      そうなんですか!それなら助けを求めればよかったです(笑)
      なぜかあの辺りは百発百中で迷ってしまいますわ…
      ほんとに毎週走るとか長距離自転車通勤でもしないと、好調はキープできない気がしますね~。
      ストイックさが欠けすぎていて”速さ無縁スタイル”になってしまいました(笑)
      また元気になったら「犬飼林道」挑戦してみます!(笑)

  2. とし より:

      五月山サイクリングご苦労様です。 池田市の夫婦池テニスコートでの帰り道に五月山サイクリングの予定が雨でおじゃんに。
     川沿いの道、風に吹かれながら遠くの山並みを眺めながら思わず大日に至る、で安全、平和な川沿いサイクリングはお勧めサイクリングコースですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>