シンプルかつオシャレなライト!キャットアイ”SL-LD130 [NIMA]”購入!

最近走るたびに気になっていた「カタカタカタカタ…」という音。
どこから鳴っているんだろかと調べてみると、
フロントライトのブラケットの部分で音が鳴っている様子。
走っているときに無性に気になる…


そんなときに別の用事でショップでいろいろ物色していたら、
なにやらカッコイイライトを発見。
「今のライトも長年使ってるし、そろそろ買い替えたろかいな~」
って感じで衝動買いしてしまいました。

 

CATEYE"SL-LD130-F [NIMA]"

パッケージもオシャレ

キャットアイのロゴも良く似合う。
このパッケージが素敵。

キャットアイのニマ
 

早速ハコから出してみました。
内容物は取り付け用のゴム、長さ二種類が各1つ。
そして本体の取り付け部に貼るスポンジ的なやつ1つ。

本体と取り付け用ゴム

無駄なものをそぎ落としていたら、こんなんになりました。
というような、このシンプルすぎる見た目が好感持てます。

 

スイッチは片側を押せば付くようになってます。
OFFにするときは長押し。
キャットアイのほかのライトと同じかな?

片側がスイッチ

 

早速取り付けてみる

取り付け方法も、ブラケットみたいな立派なもんはなく、
細めのゴムでペっと取り付け。
ライトは着けっぱなしが前提の仕様ですね。
これだと「カタカタ…」の音にも縁がなさそう。

一応どうでもいいビフォーアフター↓

HL-EL135の場合
NIMAの場合

だいぶスリムにはなりました。

基本的には"ロードバイクには何も着けたくない派"なので、
主張が少なくてヨロシイです。

 

明るさはそれなり!?

もちろんのこと、こんな小さいライトなので、
純粋に性能という部分だけではそんなに期待ができません。

よくある感じで比較してみました。

P1000589
(↑ちょっと構図は違うけど、カメラの設定は一緒。)

やってみたものの、めっちゃ分かりにくい…
HL-EL135よりは、性能は落ちるよ。という当たり前の結果に終わりました。

ぼくは普段明るい時間帯にしか走らないので、
これで必要十分かと思いましたが、
夜間に街灯がないような場所で、これだけに頼って走るのは危険でしょうね。
(そうなってくると、上記の"HL-EL135"でさえあかんのですけどね…)

しかしこの小さいボディからすると、なかなかのパワーな気がします。
昔のママチャリについてたショボいライトなんかとは大違いです。(当たり前)

 

結局このフォルムがよい

いろいろしょうもないことを書いてきましたが、
結局このシンプルかつスタイリッシュなデザインが素敵ですね。
あんまり自己主張のないカワイイライトをお探しの方にはお勧めです!

もちろんフロントライトだけじゃなくて、テールライトもあります。
見た目的にはテールライトのほうがしっくりくるかもね…。

 

本末転倒!?

もともと着いていたライトをサブのクロモリロードに着けようと
ブラケットを外してみると、なにやらネジらしきものが…

最後に原因究明・・・

試しにドライバーでネジを締めてみると、
緩んでいた何かがキッチリと納まりました。

どうやらこの緩みから「カタカタ」が出ていたようで、
「カタカタ」は、このライトの仕様ではなかったみたいです…
というか、何も疑問に思わなかった辺りが我ながら秀逸なボケっぷり…

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>