クロモリ”Raleigh Carlton N”のシートポストを”Deda RS01″に

 

クロモリロードバイク"Raleigh Carlton N"の復活企画として、
先日はタイヤを装着したりしましたが、
そんなに予算もない中、最後に気になっていたシートポストを交換することにしました。
 

完成車付属シートポスト

完成車にデフォルトで付いているシートポストは、
なんの変哲もないシルバーのもの。
ちなみにRaleigh Carlton Nのシートポスト径は27.2mm

完成車付属のシートポスト

よくよく見ると、メーカー名も書いていました。
"UNO"という名前のメーカー。なんか安物のイメージが強いメーカーです(失敬)

UNOというメーカーのもの

 

こいつの分かりやすい欠点は"調整のしにくさ"でした。
というのも、ボルト一つで調整する"一本締め"と言われるタイプで、
うまくポジションが決まれば良いんですが、角度調整なんかは難しい。

調整しにくい一本締め

 

そこで新たなシートポストの条件はこんな感じになりました。

  • 二本締めのもの
  • 色はシルバーで極力シンプルなものがよい
  • できるだけお安く

いろいろ物色した結果、ひとつだけが候補に挙がりました。
それがこのシートポスト。

 

"Deda RS01"(27.2mm/350mm)

Deda RS01シルバー

「またデダやんけ!」と人は言うでしょう。
なんせ今のメインのロードバイクはフレームから部品までデダ尽くしなのです。
そこでまたまたデダの登場でございます。
デダ信者みたいになってきました。
違います。

27.2mmという規格のシートポストは思いのほか種類が少なく、
色もシルバーに限定して探していたので、
ほかにええ感じの商品が見つからず、ほぼDEDA一択状態でした…。

"日東""THOMSON"のもので有名なシートポストはありますが、
かなり予算オーバーになるので、すんなりあきらめました。

 

やはり"二本締め"が良い

シルバーにDedaのロゴが栄えますね。
エントリーグレードで、3000円ちょっとで手に入るとは思えない雰囲気です。
持った感じだけで、完成車付属のものよりもだいぶん"ええ感じ"がします。

デダRS01[27.2mm]

そしてこれが目当ての"二本締め"。
カーボンロードにもこのタイプをつけていますが、
本当にサドル調整がしやすいので、それだけでも変える効果はあると思います。

ボルト二本締めで調整しやすい!

サドルを付けてみたら、なかなかのパリっとした見た目。
ロゴが入るだけで、急になんか引き締まりますね…。

サドルをつけてみる

 

"Deda RS01"はセットバックが大きい

早速適当にサドルを付けた状態で、自転車に取り付けてみましたが、
なかなかかっこええ見た目になりました。

自転車に取り付け

ここまでしてから気づいてしまったのが"セットバック"の差。
(サドルを付ける部分で後ろに反っているところ)

 

よくよく見てみると、
デフォルトシートポストより"Deda RS01のほうがセットバックがキツイ"

比較画像が撮れなかったので、無理やり比較してみました。

新旧シートポスト比較

 

調べてみると、"Deda RS01"のセットバックは"21mm"とちょっと大きめ。
見た感じ、ラレーの完成車デフォルトのやつはセットバックがないので、
21mm分、後ろにお尻が行ってしまうということなんでしょうか…

また乗るときにいろいろと調整しないといけないですね。
まぁそれが楽しかったりするんですが。

なんにしても結構ええ感じになったので、
"DEDA RS01"、なかなかええ買い物でした!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>