「(2016年)第13回 Mt.富士ヒルクライム」に参加します!

はじめに

今年、「Mt.富士ヒルクライム」に参加します!

こういう内容のブログは、
普段は書かないようにしてるのですが、
おそらく人生で最初で最後の
ヒルクライムの大会出場になると思うので、
ここに適当に諸々を書いておきたいと思います。

「Mt.富士ヒルクライム」(以下、富士ヒル)は、
国内で有数の規模を誇るサイクルイベント。
もはや概要などはみなさんご存知かと思います。

富士山五合目を目指してスバルラインを駆け上がる、
日本最高峰の公道サイクルイベント。

Mt.富士ヒルクライム
http://www.fujihc.jp/

 

出場するに至るまで

元々、ぼくは「自転車で速く走る」ということには、
ほとんど興味がない人間でして、
もちろんそれに対する憧れは強くありますが、
自転車にハマるキッカケも
「素晴らしい景色の中を走りたい」であったり、
「季節の移り変わりを肌で感じたい」というのが、
ぼくが最も自転車で好いている部分であり、
"速くなりたい、強くなりたい"というのには、
無縁の自転車生活でありました。

そんなぼくが富士ヒルに参加する決心をした理由は、
こんな感じでしょうか。

①一度でいいから富士山を走りたい!
②ヒルクライムの大会に出てみたかった
③な、なんとなく・・・

多くは語りませんが、
ちょっと軽率に出るって決めちゃいました。
そして後に事の重大さに気づいたのでした。
「ヒルクライムって、ガチで走らんとアカンやん!」と。

エントリー峠は、
30分ほどパソコンに張り付いて無事に攻略。
お金も払っちゃったし後戻りできないね!!

 

ブロンズを目指して走る!

あまり強い決意もなく出場を決めてしまいましたが、
だからと言って、「ただ富士山に登るだけ」では、
あまりに虚しい!

なんせ、前日に何時間もかけて行って、
当日2時間くらい死ぬ気で山登って、
そして、その日に何時間もかけて帰るって…。
ただ走って帰るのは許されないぞ!

「どうせ出るなら目標を決めなければ!」

富士ヒルには、タイムに応じて、
「ゴールド、シルバー、ブロンズ」と、
3種類のタイム枠が設けられています。

1:05:00→ゴールド
1:15:00→シルバー
1:30:00→ブロンズ

ちょっと大きい目標になるけれど、
これを目指すしかない!

がんばってブロンズを獲得しよう!

そのためと言うのは大げさではありますが、
いずれ欲しかったパワーメーターを、
かなり前倒しにしたのも、この富士ヒルのため。
(結局、初期不良で手元にほとんどなかったけど!)

関連記事→パワーメーター「Stages Power」を購入しました!

パワー値など自分の実力を把握できたことで、
今の実力だと難しい目標だというのも分かったんですが、
うまくいけば届かない範囲でもないかもしれない。

 

富士ヒル本番までに読んでおきたい

あまりに内容がないので、
他人様のブログを貼り付けてしまおう。
富士ヒルをワクワクして迎えるのには、
とっておきの材料です。


例年、富士ヒルについては、
色々と面白い記事を書かれています。
富士ヒル以外の記事もほんとにオススメ。

フォトポタ日記さん

フォトポタ日記(富士ヒルクライム)
http://fotopota.sakuraweb.com/archives/category/fhc


パワー値などの分析が分かりやすい。
ブロンズを目標に掲げるにあたって、
色々参考にさせてもらった「つよポタミア」さん。
もちろんオススメ。

つよポタミアさん

つよポタミア
http://tofud.hatenadiary.jp/


ドキドキ臨場感が体験したい方には、
昨年の富士ヒルの経験談が綴られた
いなはるさんのブログ。
当たり前にオススメ。

新人自転車マン、山麓に死すさん

新人自転車マン、山麓に死す
http://i7haru.seesaa.net/article/419013736.html

 

おわりに

というワケで、
中身のあるところは他のブログさんにお任せして、
富士ヒルに出ますよ!と言うだけの、
本格的に中身のない話でお届けをしました。

更に私事を重ねますが、
当日は勝負ジャージを着て参加をいたします。
この世に2着しかない「ベーシスト(低音魂)ジャージ」だ!
(ダサいとか言わないで・・・)

勝負ジャージ!

会場でこのジャージを着ていたら、
紛れもなくぼくなので、優しくしてくれたら適度に喜びますので、
よろしく。

富士ヒルクライム、本番まであと少しだ!

 

続き、参加の様子はコチラ↓
(前編) 大阪から「Mt.富士ヒルクライム」に参加してきました。
(後編) めざせブロンズ!「第13回 Mt.富士ヒルクライム」を走る!!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>