「若狭路センチュリーライド2015」でGOPRO車載動画を撮影!

若狭路センチュリーライド車載動画

少し前に参加した「若狭路センチュリーライド2015」。
例のごとく、ロードバイクにGOPROを付けて撮影したので、
早速、無駄にその動画を載せてみることにします。

編集ソフトは「Adobe Premiere Elements」
ほとんど切り貼りだけの超簡易編集でした。
動画の彩度・コントラストを結構高めにイジっているので、
ちょっとイヤミな味付けの映像になってしまっていますね。

BGMはロイヤルティフリーの素材が豊富な、
「DOVA-SYNDROME」から拝借いたしました。

DOVA-SYNDROME
http://dova-s.jp/

 

機材のこと

一応、諸々を書いておくと…
機材は「Gopro HERO3+ Silver Edition」、
ロードバイクへのマウントは「リクセンカウルの"カムオン"」。
(下の写真は随分前のものですが、こんな感じで装着しました)

GoPro HERO3+ silver edition

今回はハンドルの右側の真ん中あたり、
下向きにカメラをマウントしました。
超広角のおかげでシフターとタイヤが写り込んで、
ええ感じの画角になりました。

GOPROでの映像

この辺りの詳細は過去記事にも書いています↓
Goproのマウント「リクセンカウル”カムオン!”」が便利!!

 

失敗談

当日、GOPROを付けるかどうかすら迷っていたこともあり、
乗っている間も、その存在を忘れがちになっていました。
結構回していない区間があったりするのは、そのせい。

GOPROの駆動時間は1~2時間ほどなので「予備バッテリーは必須!」
もちろん今回もバッテリーチャージャーを携帯していたのですが、
いざ充電しようと思ったら、
「持ってくるケーブルの規格を間違えていた。」ことが分かり、
結局充電できないまま志半ばで映像は途切れてしまっております。
情けないというか、これは単なるアホでした。

 

記録映像を超えられない

「思い出」「記録映像」として割り切るにしても、
やっぱり同じ場所への固定した映像ではおもしろくないですね。
少しだけ手持ちをしている部分がありますが、
自転車に乗りながら手持ちは危ないしよろしくありません。

「乗ることを映像に残す」のと、
「映像を撮るために乗る」というのは全く別。

でも、このバランスがうまく取ることができたら
もっとおもしろい動画も作れるんじゃないかなぁ。
撮ることも乗ることも楽しめられれば。

今回は"一緒に走っていた義父にもカメラを付けてもらう。"
これが一番簡単な改善策だったかもしれない。

それを超越してしまうと、こんなことになるんでしょうけど
これは別世界のお話。

とはいえ、やっぱり使ってみると面白いGOPRO。
次はどこで使おうかと楽しみに考えています。
やっぱり3軸ジンバルは買うべきか!?

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>