日本アーティストによる洋楽カバー その2

山崎まさよし / Cover All
YO!
「自分の好きな曲選びました!」
みたいな潔さが見えるような好感もてまくりな選曲が良いね!
あの独特のまさよし節で歌われる名曲たち、めっさかっこいいっす。
ギター主体でアレンジされてる曲のほうが好きかも。
しかしお気に入りは”Just
the two of us”と、”When you gonna learn”。

「アルバム全曲紹介」なる動画を発見

畠山美由紀 / Fragile
Port of
Notesのシンガー畠山さんのカバーアルバム。
全体的にしっとりと歌いあげる感じでまとまっています。
邦楽ナンバーも2曲収録。
(この二曲が荒井由実”雨の街を”と”夏の思い出
“というスゴイ選曲!)
Sympathy For The Devilのパンチの効いたドラムがめっさかっこええ。
最後のアカペラのThe Water Is Wideがシメるのが素敵。
お気に入りは”Sympathy For The Devil”と”Every Breath You Take”。

動画見つからなかったので「畠山美由紀 / Summer Clouds,Summer Rain」

手嶌葵 / The
Rose ~I Love Cinemas~
この当時若干20歳(!)手嶌葵のI Love Cinemasなカバーアルバム。
この独特なウィスパーボイスには、癒されまくりです。
前半はピアノ、またはギターでの弾き語りのような感じで、
後半はリズム楽器を加えた形のアレンジなのですが、どれも素晴らしいです。
映画の曲ということで、どれもどっかで聞いたことある曲ばかりですね。
Over
The Rainbowの出だしがツボ。

手嶌葵  “The
Rose”

原田知世 / Summer
Breeze
時をかける少女による洋楽カバーアルバム。
サウンドプロデューサーにゴンチチがついているだけあり、
どれも[夏の涼しいとき!]みたいなイメージですね。
歌はヘタウマなんだろうけど、この人の歌の雰囲気がすごい良くて、
“Scarborough Fair”なんて、その世界にスーっと引き込まれてしまいます。

原田知世 “Say You Love Me”

小野リサ
/
Dream
ちょっとカバーアルバムという括りはおかしいかも、
と思いながらも、とりあえず載せといた。
アメリカの古きよきスタンダードナンバーを軽快に聴かせます。
“Night
and Day”に”One Note Samba”のフレーズが入ってたり、
遊び心も見える楽しい一枚です。

Lisa Ono “Tea for two”

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>