[ロードバイク] 久しぶりに淀川CRで流れ橋まで

今年も後僅かとなりましたが、
みなさま如何お過ごしでしょうか?

巷が"クリスマスイヴ"だと騒いでいた12月24日。
ぼくは流れ橋を見に木津川へとチャリンコで出かけました。
朝7時に出発して淀川沿いを走り木津川へ!

冬のサイクリングは何より寒いです。
前日に急遽買い揃えた手袋、帽子、冬用のジャージ。
(↑言うまでもなく全てユニクロ。)
走っている途中に、買い物に無駄はなかったと確信!
ひとつ盲点だったのは、足の指先が死ぬほど寒いということ。
そのうちに寒いを超えて痛くなってきます。

熱いお茶を買って足先にぶちまける局地的な足湯体験をしようかと思ったけど、
さすがに気がひけたので、缶コーヒーを買って、
その缶を両足で挟んで休むという、禅みたいな姿勢で足を温めました…。

次からは足先にカイロでも潜ませようと思います。
勉強になりました。

目標となった流れ橋は"上津屋橋(こうづやばし)"と呼ばれていて、
川が増水すると橋桁が流される独特の構造を持つ橋。
「木津川流れ橋」「八幡流れ橋」などとも呼ばれ、
現存する木造橋、流れ橋として日本最長のもの!
(Wiki参照。 wikipedia:上津屋橋

台風なんかで水が増水すると、橋の上の部分が
ピーって流されるという特徴を持ってるんですね。
風情のある古来日本の橋というわけです。

この風情ある流れ橋に意気揚々と到着したのは11時ごろ。
しかし、着いてから気づいた大いなる事実!
Wikipediaを読んでいただくと分かるんですが…
書いてますよね、はっきりと。

「2011年(平成23年)9月3日 台風12号による橋桁流出」

そうですね。
つい最近流れてしまったんですね…。

もちろんまだ復旧されておらず、
橋の土台だけが佇んでいる状態でした。
ちょっと寂しい感じの景色を見ることになってしまった。

なかなか木津川も風情があっていいですね。
また改めて行きたいなぁと思います。

写真もなくてつまらん内容になってしまった。
走行距離は約70キロ。
サドルを替えてから初のサイクリング。
ケツが死ぬほど痛い!

上津屋橋

大きな地図で見る

JUGEMテーマ:自転車

 

 



2 件のコメント

  • マジすか。
    さすがにクリスマスはお誘いしませんでしたけどねw
    年明けたらチャリンコでどっか行きますか?w

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です