[ロードバイク] 一庫ダム、能勢方面ツーリング

土曜日の大雨の結果、まさかの日曜日が晴れるという、
なんだか雨を前借したような天気になりましたね。
こんな天気はしばらくないかも!?
これを逃すわけにはいくまい!
ということで昼過ぎからツーリングに出かけました!

・京都方面・宇治川ルート
・能勢方面・一庫ダムルート

この二つのルートで迷いながら出発。
「たまには淀川CR以外を走ろう!」
約1ヶ月ぶりに“能勢方面”へ出発!

途中までは前回同様のコースで。
簡単に書くと下記のルートです。

 淀川を渡り神崎川のCRへ
→途中の分岐を猪名川に入り川沿いを走る
→173号線に入り、そのまま一庫ダムへ

出発。
淀川CRを走り、風情のある赤川大橋を渡りました。
いつもは城北大橋を使うので、たまには違う橋で。

下新庄付近から神崎川沿いを走行。
前回は神崎川・猪名川の分岐を逃して、
遥か向こうまで走り去ってしまったのですが、
今回は無事に猪名川へ走れました。
途中に中洲みたいなところがあるんですが、
ここも初めて走るけど走りやすかったです。

こんな看板が立ってました。
これ見てたのに途中道間違えたw

猪名川は基本は東側を走ると走りやすいですね。
伊丹のイオンモール付近。

しばらく走ると阪神高速が出てきまっせ。
この後、前を走るおじさまに牽引してもらうw

川沿いの公園で休憩。

能勢電鉄が見えてきたら、173号線と合流地点付近。
後はひたすら173号線を走りますが、
途中三田方面には行かないように注意!
この道、結構交通量多いです。

甘露寺を過ぎた後にある、
日生中央方面と一庫公園方面の分岐を一庫公園方面に。
ちょっと上りでトンネルが見える道。
このトンネルを抜けると、すぐに一庫ダムです!

ダムに到着。
ダムの入り口で写真撮影。眺めがよろしい。

ダムの西側はトンネルが多いみたいなので今回はパス。
ダム沿い東側、604号線を走ります。
すこし走れば一庫公園!
…一庫公園で折り返そうかと思ったけど、
せっかくここまで来たんやし、もう少し…
一庫公園を通り過ぎて、605号線に入って、
ほんで妙見山の入り口にあたる“黒川”をゴールにしよう!

604号線も意外と交通量が多く、
そして小さいトンネルがちょっとストレスでした…。
右折して605号線に入ると、急に”農村”の雰囲気が出てきます。
こーゆー道が一番好きかもしれん。

ボーっと景色を楽しみながら走っていると、道が上り始める。
今回初めてフロントをインナーに落して、
ゆーっくりゆっくり上ると、477号線との交差点に。
ここまで来たら、もうすぐそこ!

到着。
「妙見山ロープウェイ!!」

今回はここを折り返しのゴールにしました!
駅の待合で休憩させてもらいましたー。

「ロープウェイ乗りますか?」

と声をかけられましたが、
自転車置いていくのも不安やし、
なんかこんな格好でウロウロ歩くのもあかんやろ。
ということで、今回は無念にもパス。
次回、普通に車で来たいなw

ケーブルが出発待ちしてました。

さて、帰るか。
477号線を川西方面に行くと、
173号線に合流して、そのまま来た道で帰れます。
このルートで帰ろう。

帰路出発。
川西方面なので、当然下りのはず。
しかし走っている道はジワジワと上り続ける…。
ひとしきり上り終えると、そこからは下り。

でも下りきると、また上りだす…。
なんか予想してたのと違いますやん。
結構しんどい道ですやん。

さすがに不安になってiPhoneのマップで確認。
今回もやってしまってました。
どうやら川西方面とは逆方向に走っていたらしいw
どおりで山深いと思ったぜ(←強がり)
さっきの上りも「大槌峠」とかいうヤツやったらしい!
うおー、何たる失態。

さすがに先ほど体験した下りを上る精神力もなく、
なんなら体力も既に微塵しかないので、
そのまま”野間方面”に突っ切って
途中で732号線に折れ、106号線を経て、604号線に復帰して帰りました。

今回、梅雨の合間の晴れは予想以上に熱く、
帰路はかなりバテてしまった…。

173号も予想以上に混んでたねー。
走りにくかった!

帰りは本当に足がもう動かんかったので、
ガリガリくんで補給をしてみたり、
猪名川で道を間違ってしまい、
失意の中、川沿いで黄昏て人生を見つめなおしたり、
そうしてゆっくりと帰ったのでした。

Dst.105.48
Av.20.9(←途中までもっと健闘してたのに!)
Max.53.6

しかし久しぶりの100km越

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>