[ロードバイク] 灼熱の嵐山サイクリング

7月28日 土曜日

この日、初めてロードバイクに乗る友人と嵐山に。
「しんどくなったら途中で引き返そうぜ」
と、言っていたのに結局嵐山まで行ってきました!

朝7時ごろに家を出発!
なんせ友人は初めてのロード
ビンディングを練習してからスタートw

初心者とは思えぬ走りで快走する友人。
これは嵐山まで行けそう!!

途中、枚方で休憩。

まだまだ元気な二人。

そのまま淀川沿いを八幡のほうへ快走!
28kmくらいで巡航。気持ちよいぞ。
御幸橋まで来て背割堤で休憩。

まだまだいけるでー!

友人は桂川で初立ちゴケも経験。

そして目的地の嵐山に到着!

ちょっとポタリングしつつ奥まで行ってみる。


この鳥居を左にいけば六丁峠、保津峡のほうです。

友人が下で休憩してる間に一人“六丁峠”を登ったりしつつ。
(前は押して上がったのにね…感慨深いっす)

そしてぼくらはメシを食い。
ついでに甘いものをたらふく食い。

嵐山で休み倒したら、あっという間に12時半。

帰りはゆっくり帰ろうと、松尾大社へ寄り道。
酒造の神様で有名なところらしい。

家内安全をお祈りしつつ帰路に出発。

ここでハプニングがいくつか勃発!

「パプニング①」
ぼくがカーブで転倒。
ブレーキを掛けたら後輪が砂で滑って草むらにドーン。
メガネがポーン!
おーメガネメガネ…(横山やすし風)
その後あっさりとメガネも見つかり、体も無傷、そして自転車も無事。
おお、きっとお参りのおかげ。
松尾さんありがとう。


「ハプニング②」
そしてその15分後、後で変な音。
「パッキーン!」
ん?と振り返ると、友人のまさかの一言。
「ビンディングつぶれたー!」
まさかの破損w
サビついてしまってビンディングが動かなくなっていたみたい。
おい、前の持ち主!

ペダルがフラペ兼用でそのまま普通に走れるし、
とりあえず帰路を急ぐことに。

この辺りで二人ともバテバテ。
なんせこの日の気温は枚方で36.5度。
これはたまらん。

背割堤の水道で頭から水をかぶり。
淀川CRで水道を見つけるたびに水浴びをして、
ヘロヘロになりながら帰りました。

ヘロヘロで休憩中

ほんで最後の最後に、ぼくが一人で転倒。

 なんかリアディレイラーがおかしいな。
→ガチャガチャしたら、なんか直ったっぽい。
→走りながら変速。
→ディレイラーが後輪スポークに干渉。
→スポーク曲がる。
→おれの心折れる。

ということで、家を目前に自転車潰れるという惨事。
とりあえず帰宅。

友人よ、本当にすまなかった。
自転車はもっと楽しいものなんだ。
そして普段は転ばない乗り物なんだよ…。
また涼しくなったら行こう。
夏は怖いよ…。

DST:107.10

[帰宅後]

自転車はなんとしてでも修理せねば!

実は翌日にお義父さんとのサイクリングの予定があるので、
「すんまへん、自転車つぶれましてーん」
これはもう絶対にあかんで。
絶対に直さなあかんねんでぇ!

家に帰った後に故障箇所を見てみる。

なんかどうもフレームがおかしいぞ…
「お、ディレイラーハンガーが内側に曲がっとる!」
フレームはクロモリ、ハンガーの部分ももちろんクロモリ。
なんや、元に戻せば良いだけやん。
(↑このときは疲れすぎておかしくなってました)

ハンガーの部分をテコの原理でグイっ!
まっすぐにしたら全て直りましたw
ディレイラーも無事だったんだね…

とりあえず少し曲がったスポークのテンションを張って、
明日、途中で折れたらそのとき考えよう。
という感じで、応急処置終了。

疲れすぎた一日。
もう一生猛暑には自転車こがんぞー。

JUGEMテーマ:ロードバイク総合

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>