あの”スキャットマン”は超絶ジャズシンガーだった! John Larkin / Listen To The Scatman

なんだか気になっていたJohn Larkinのアルバムを入手。

John Larkinというのは誰なんだ、と思うでしょうが、
タイトル「Listen To The Scatman」から分かるように、
彼は90年代に一世を風靡した、あの”スキャットマン”。

聴けば思い出す人も?
この人↓

そんな彼が没後2年してからリリースされたのが本作。
“スキャットマン”の本質であるジャズボーカルが堪能できる作品で、
あのHIP-HOPテイストとは全く違うスキャットマンが聴けます。

Piano+Bass+Drumsのトリオに、
Vocalが乗っかるという編成で、
Piano / VocalがScatmanことJohn Larkinの担当。

Listen to the Scatman
by カエレバ

1. Well You Needn’t            
2. Lady Bird            
3. Foggy Day        
4. So What            
5. Makin’ Whoopee            
6. Just Friends         
7. You Stepped Out Of A Dream            
8. Ain’t Misbehavin’        
9. Last Night I Dreamed            
10. Have You Met Miss Jones?            
11. Softly, As In a Morning Sunrise            
12. Listen to the Scatman

元々ピアニストだったというその華麗なピアノに
ちょっとアンニュイな歌い方が味があって良いですね。
ピラッポピラッポのスキャットも存分に発揮。
かっこよくないわけがないw

#1 “Well You Needn’t”からスキャットソロで魅せてくれます
流麗というか圧巻というか、彼のスキャットは独特!
軽快なジャズナンバー#2や#3も素晴らしい。
#5 “So What”では、ノッケからアカペラスキャットの応酬。
後半の盛り上がりは異常w
#12はボーナストラック扱い。
スラップベースがかっちょいいダンスナンバーなんですが、
これはこれでかっこいいですw

歌手、ピアニストとしてのスキャットマンを
余すところ無く見せ付けられた一枚です。
もっとこっちの方面でも活躍して欲しかったなぁ。

#1 “Well You Needn’t”


#5 “So What”



#9 “Last Night I Dreamed”

聴いてて思ったんやけど、
ちょっとBob Droughなんかも彷彿とさせますね。
強烈なスキャットのイメージが先行してしまうけど、
それ以外は、案外素朴で落ち着かせる歌やね。

Just About Everything
by カエレバ

JUGEMテー

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です