サイクリング (淀川→保津峡→神明峠→亀岡)

やっと雨の予報のない週末がやってきた!
以前から気になっていた保津峡へ行ってみよう!
と、思い立ち出発。

今回のコースは
淀川沿い→桂川沿い→嵐山 まで出てから、
保津峡→水尾→亀岡→川沿いに帰還、という予定。

なんだかペダルを変えたこともあり
意気揚々と走り出したけど、どうも足が重い…。
それもそのはず。向かい風が結構ふいとる。

いつもの休憩ポイント、枚方の関西医大ブレイクタイム。

なんか本格的なロードレーサーの集まりが…。
上下ユニクロで恥ずかしいので早めに退散w

ここから川沿いで御幸橋まで行って、桂川沿いへ入ります。
しかし風が強い!!
向かい風に邪魔されながらも必死で走行。

桂川沿いもずっと道なりなので、
できるだけ速度をキープしながら走行。
途中で小雨がパラついて、まさかの雨を心配したけど、
本格的に降り出す前に、すぐに止みました。
よかったー。

しかし嵐山直前で驚くほどの強風が!
煽られながらも必死で走行。
結果、めっちゃ疲れるという貧脚ぶりをいかんなく発揮!
嵐山到着の段階で疲れてしまった。

観光客が多いので休憩もほどほどにスタート。

ここから渡月橋を越えて、直進。
JRの踏切を越えて、まっすぐ行った突き当たりの”清涼寺”の門を前に左折。
道なりに進んで、真ん中が石畳の道を登ります。
次に出てくる鳥居の分かれ道を左に入れば、保津峡への道。

嵐山までで疲れたぼくの足では登りはきつい…。

この後の六丁峠で悶絶。

もんどり打った後は赤い橋のところで小休憩。
景色がようござんす。

ここからはずっと山道です。
ハイキングの人とたくさんすれ違いました。
みんな「あー自転車やねぇ。」という感想ばかり。
疲れてるんだね、あななたちも!

すぐに保津峡の辺りに着いてしまった。

もっとなにかあると思ってましたが、保津峡駅にすらなにもなく。

このまま走ると、途中で水尾の集落を通ります。

「柚子の里」らしく、あちらこちらで「柚子風呂」の看板が。
入りてー。
所持金500円しかねぇw

まだまだずーっと登ります。
地味な登りがずーっと続きます。
こんな感じの道が延々と続きます。
「後どれくらいあんねやー!?」
と、ひとりごちながら休み休みで走行。
うー、足がつりそう!

そして、泣きわめきながら、進んでいくと、
ラスボス的に出てくる神明峠!
やっと出たマンやなぁ、とかいう感想を持ちつつも、
それはもう命を削って登りました。
登りを越えると、後は緩やかな道に。
やっと出たマン。

そしてようやくのことで「樽の場所=峠の頂点」に到達!!
人のブログでの写真でよく見るところw
「あー樽やぁ!」と思わず叫んでるワタシがいました。
ここはゆっくり腰を下ろして、
買ってあったピーナッツクリームパンとブラックサンダーを食べて、
ひたすら感慨にふけりました。

ここからの下りは別の意味で辛かった。
なんたって寒い!
指なんかもかじかんじゃいまして、変速できないくらい指に力が入らない。
どんなけ寒いねん。

ベーっと477号を下って、そのまま八木駅まで行って、
そこで悪路9号線に合流。
異様に車だらけの廃棄ガスまみれの道。

途中”6号線で高槻に出る”ルートを行くか迷いつつも、
もう峠を走りたくない!という一心で9号線の走行を続行w

少し遠回りになりましたが、
途中の沓掛より10号線へ入り、サントリー通りを通って桂川へ帰還。
そこから川沿いにベーって走って帰りました。

まだまだぼくには峠は早いな…。というのが率直な感想。
途中地面にへたり込んで休憩したりしてたからねw
後、100kmを超えると、やっぱりケツが痛い!
レーパン履いてるので多少マシなんだけど、やっぱ痛いw
今年はもうええから、また来年挑戦しよっとw

帰ったら家でパーティが開かれてました。
有無も言わさずビールを飲まされ、
気づけば一日が終わりました。
なんつー休日…。

DST:137.66km
AV:18.2(峠道でゆっくり走りすぎたw)
MAX:52.1

●今回のルート

JUGEMテーマ:ロードバイク総合

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です