またまたサイクリング♪

今週末も最近恒例のモリチャリズサイクリングしてきた。

最近これしか書いてない。

また長文。

今回もスタートは毛馬水門。


淀川花火大会の影響を考えて、いつも通りの京都方面ルートに決定。

今回はいつもとは逆の北側を走って、

この前行けなかった”桂川河川敷公園”を目指すことに。

いつも通り毛馬で集合。

朝の毛馬水門はいつもええ感じ。

出発前特有の至福のブレイクタイムに事件が勃発。

止めてたぼくのチャリから「シューッ」という異音。

驚いて見てみると前輪がペチャンコに。

なんてこったい。

横っちょで休憩してた中年のジョガー風の人も

「今、いきなり空気抜けたなー。」

と驚いている様子。

出発前に不吉な…

しかし、こーゆー時のために携帯していた三種の神器!

[タイヤレバー]、[チューブ]、[携帯ポンプ]を駆使して

なんとか復帰。

なんかリムテープが原因っぽいので、

そこだけ不安を残しつつもスタート。

毛馬からすぐ近くの赤川鉄橋で対岸に渡り、高槻方面へ。

ちなみに赤川鉄橋はこーゆーええ感じの橋です。

http://osakadeep.info/2007/08/22/200347.html

北側の道もなかなか走りやすい。

でも途中でいきなり砂利道になるところが多くて、

自転車で走るのには微妙な感じも多々。

なるべく川沿いを走るようにしながら順調に走行。

ややこしい分岐点があったので一度ストップ。

一度、地図を広げて現在地を確認。

ひらかたパークの観覧車が見える場所なんで、

枚方の対岸あたり。

確認したのは良いけど、結局この後、道を間違えた。

間違えた道、芥川沿いをグイグイ走る。

5キロくらい走ったところで、さすがに道の間違いに気づく。

ここ、どこやねん。

たまには頼りになるiPhoneで現在地を確認して、

近くを走る67号線をくだり、淀川へ復帰することに。

途中にJR高槻駅、サントリー山崎蒸留所を経て、

大山崎ジャンクションの手前で淀川沿いに復帰成功。

ここまできたらもうゴールは目前!

そして桂川河川敷公園に到着ー!

と、うまくいったのはええけど。

桂川河川敷公園。

なーんもない。

少年野球用のグランドしかない。

完全に名前負けやん。

ゴール。

そこでの休憩の一枚。


とりあえず対岸に渡り、淀川沿いを樟葉、枚方と経て帰ることに。

大山崎ジャンクションを過ぎて橋を渡ると、

そこはもう京都府八幡市!

とうとう自転車で京都に乱入成功。

これこそ真の目的地に違いない!

ここは桂川、宇治川、木津川の3川合流の場所で、

景色も良くて最高。


木津川か宇治川かで休憩。

ちなみにここから京都へは「京都八幡木津自転車道」があって

嵐山までダーッとサイクリングロードが続いています。

http://www.pref.kyoto.jp/doroke/bic-kidu.html

これはまた次の機会に。

ここからは淀川沿いに出て大阪方面へ帰る道。

初めて走る道に不安もあったが、

途中、車道は13号線のみで、すぐに川沿いの道に入れた。

ここが猛烈に走りやすくて、そしてひたすら直線。

途中30キロで巡行するロードレーサーに着いて行ったりして、

チョケ過ぎて疲労。

足がつりそうになりながらも無事に毛馬に到着。

今回は走行距離78.3キロ。

よー走った。

この時期の日差しと、後ややこしい道を走らなければ、

もっと遠くまで行けそやな。

しかし今回写真少ないな…。

今回の収穫はまた別にありました。

前回、牧野駅付近で砂利道のために断念した京都方面ルート。

今回、逆から走ることによって、その走行可能ルートが判明。

このルートで走れば、川沿いの舗装道で大阪→嵐山まで行けるということ。

これは大きな収穫!!

次回は「大阪→嵐山、嵐山散策をして帰路は輪行」

という夢のようなプランが自動的にできあがりました。

次回はモリチャリズ全員集合して、

大阪ポタリングの予定。

楽しみやないかーい。

家に帰って、リムテープ張りなおしました。


購入したデフォルトの状態でのリムテープがずさん過ぎた。

特にパンクした前輪なんか、リムの穴が半分くらい見えてたし。

適当に作業してたらチューブ一本ダメにしてもたし。

でも、チャリおもろいやん。

ちなみに今回使ったSHIMANOのリムテープ。
初めてで分からんけど、なんかよさ気!

シマノ (SHIMANO) リムテープ 700C 16-622
シマノ
売り上げランキング: 59367

JUGEMテーマ:自転車

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です